お金をためる

貯金が1,000万円しかないと老後は不安!?「おひとりさま」に必要な老後資金の額とはいくらなのか

貯金が1,000万円しかないと老後は不安!? 「おひとりさま」に必要な老後資金の額とはいくらなのか

「貯金が1,000万円しかない…」と、老後の生活に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

特にいわゆる「おひとりさま」の場合、必要な老後資金についての正確な情報が欠かせません。

世間一般では「老後には2,000万円の準備が必要」とよく言われますが、それがすべての方に当てはまるわけではありません。

なかには貯金が1,000万円しかないとお悩みの方でも、老後の生活を賄える場合もあります。

本記事では、「貯金が1,000万円しかない」という方が、老後の為にどのような準備や対策をするべきか、また1,000万円という額が実際の老後生活にどれほど影響するのかを詳しく解説していきます。

一概に「貯金が1,000万円しかないから老後が暗い」と決めつけず、この記事を参考にしつつ、まずはきちんとした情報収集から始めてください。

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

貯蓄について学ぶなら「キッズ・マネー・ステーション」
キッズ・マネー・ステーション
■キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント
  • 貯蓄にまつわる講座が満載!
  • 講座実績が業界トップクラス!
  • 親子で受けられる講座も充実!

1,000万円しか貯金がないと老後は心配?

結論からいうと、1000万円しか貯金がないと老後の生活は困窮が予想されます

総務省統計局が令和4年に発表した「家計調査報告-家計収支編-」によると、65歳以上の無職世帯(夫婦のみの世帯)では、可処分所得約214,426円に対して消費支出は22,270円となっており、22,700円が不足しています。

また65歳以上の単身無職世帯では、可処分所得122,559円に対し消費支出は143,139円で、20,580円の不足です。

一人暮らしか夫婦での生活かによって得られる収入は変わりますが、いずれにせよ2万円弱の不足が発生しています。

出典:総務省統計局 家計調査報告-家計収支編-2022年(令和4年)平均結果の概要

世帯の状況 可処分所得
(実収入から税金や社会保険料を引いた額)
支出 不足分
65歳以上の無職世帯(夫婦のみの世帯) 214,426円 236,696円 22,270円
65歳以上の単身無職世帯 122,559円 143,139円 20,580円

平均寿命も男女ともに80歳を超えている点を考慮しても、金銭的な困窮が長引く恐れも無視できません。

さらに医療費や老人ホームの利用費などを考えると、1,000万円の貯金のみで老後を安泰に過ごすのは困難といえます。

1,000万円の貯金では何年暮らせる?

つづいては、1,000万円の貯金でどれくらいの期間老後を過ごせるのか考えましょう。

老後の生活を1,000万円の貯金で計画する場合、貯金1,000万円の持続期間は、個々の生活状況や必要となる経費に大きく依存します。

ここでは、異なる状況での財務シミュレーションを2つのケースに分けて考察します。

年金のみでは7万円不足する場合

1,000万円の貯金は約11年10ヶ月で底をつきます。
<計算>
1,000万円 ÷ 7万円 = 約142.9カ月 ≒ 11.9年

年金のみでは15万円不足する場合

1,000万円の貯金は約5年7ヶ月で底をつきます。
<計算>
1,000万円 ÷ 15万円 = 約66.7カ月 ≒ 5.6年

さきほども触れた通り、70歳時点の平均余命は男性で約16年(86歳)、女性で約20年(90歳)です。

この観点から、ケース1では特に健康問題が発生しなければ、平均余命に近い期間をカバーできる可能性があります。

しかし、健康問題や急な家の修繕など予期せぬ大きな支出があると、安定した生活は難しいです。

一方ケース2では、より厳しい現実に直面しています。

仮に夫婦が同年齢で、平均余命を迎えるとしても、78歳頃には資金が尽きてしまい、その後の生活は年金収入のみ頼らなければなりません。

特に、夫婦の一方が亡くなった場合、残されたパートナーはさらに経済的な困難に直面する可能性が高いです。

貯金が1,000万円あっても老後の生活が厳しくなりやすい方3選

うえでは1,000万円の貯金で暮らせる期間をシミュレーションしました。

次に、1,000万円の貯金では老後の生活が厳しくなりやすい方を考えましょう。

以下の3項目を見てください。

貯金が1,000万円あっても老後の生活が厳しくなりやすい方3選

  1. 住宅ローンが残っている
  2. 生活水準を見直せない
  3. 医療費や介護費用がかかる

①住宅ローンが残っている

老後破綻の一因として、見過ごせないのが「住宅ローンの残債」です。

長期にわたる住宅ローン、例えば30年や35年もの契約では、返済完了が70歳を超えるケースも少なくありません。

晩婚化の影響で住宅購入時の年齢が上昇傾向にある現代では、定年退職後も返済が続く事例が増えています。

この状況は、老後の資金計画に大きな影響を及ぼします。

退職金や貯蓄など、本来老後の生活資金として計画していたものが、住宅ローンの返済に消えてしまえば、予想以上に生活資金が減少し、経済的な困窮を招く場合もしばしばです。

かといって定年を迎える前に無理な繰上げ返済を試みると、かえって老後の資金不足を引き起こすリスクがあります。

住宅ローンを組む際は、返済計画をしっかりと立て、定年前の完済や過大な借入れを避けるよう心掛けるべきです。

また、返済に困難を感じる場合、リースバックを考慮するの手です。

自宅を売却しつつ、賃貸として住み続ける選択肢で、ローン返済の負担軽減や、老後資金の補填が狙えます。

②生活水準を見直せない

無視できないのが、生活水準の見直しの難しさです。

定年を迎え、年金生活に移行すると、収入は大幅に減少します。

それにもかかわらず、現役時代と変わらない生活水準を維持していると、老後資金は急速に減ってしまいます

老後の資金源は主に「年金」「退職金」「貯蓄」の3つです。

これらに限りがある中での生活である以上、収入減に合わせて支出も適切に調整する必要があります。

しかし、一朝一夕に生活水準を変えるのは容易ではありません。

生活の質を落とすことによるストレスや、節約による精神的な圧迫感は、予想以上に大きな負担となり得ます。

無理なく経済的負担を減らす方法として推奨されるのが、固定費の見直しです。

水道光熱費、住居費、通信費、保険料など、毎月一定の支出となる固定費を削減することで毎月の支出を軽減させ、老後資金への依存度を下げましょう。

③医療費や介護費用がかかる

医療費や介護費用の増加も無視できない要素です。

年齢を重ねるごとに、健康上の問題は避けられなくなり、それに伴い医療や介護の必要性が高まります。

特に、重い病気や怪我、高齢による日常生活の補助が必要になると、自己負担も増えます

確かに、公的な保険制度は医療費や介護費用の一部をカバーしますが、全てを補完するわけではありません。

ベッド代や食事代、先進医療に関する費用、さらには付添人の食事代や日用品代など、公的保障の範囲外で発生する出費は決して少なくありません。

これらは予想外の支出となり、貯金が1,000万円あったとしても、これらの費用により急速に減少することがあります。

だからこそ、老後の資金計画を立てる際には、健康を保つための予防策を考慮に入れるとともに、想定外の医療費や介護費用に備える必要があります。

具体的には、将来の医療・介護に関する自己負担金を想定し、見合った資金計画を立てなければなりません。

また、必要に応じて医療保険に加入したり、介護保険の選択を見直したりといった対策も有効な手段となります。

貯金が1,000万円しかなくても安定した老後を送るためのポイント4選

貯金が1,000万円しかない場合、安定した老後を迎えるためには多くのポイントを押さえなければなりません。

何も考えずに生活をしていると、1,000万円の貯金もすぐに底をつく可能性が高いです。

今回は特に注意すべきポイントとして、以下の4点を解説します。

貯金が1,000万円しかなくても安定した老後を送るためのポイント5選

  1. 自分の望むライフスタイルを考える
  2. 年金収入やその他の収入源を把握する
  3. 生活資金の不足分を見積もる
  4. 残りの人生の期間を考える

①自分の望むライフスタイルを考える

老後の生活を安定させるためには、まず自分の望むライフスタイルを明確にしましょう。

貯金が1,000万円と限られている場合、資金内でどのような生活を送りたいかを考え、計画を立てる必要があります。

ライフスタイルには、住まい方、趣味や娯楽、健康管理などが含まれます。

たとえば旅行を趣味とするなら、旅行にかかる費用を計画に織り込む必要があります。

習い事などの出費も同様です。

また、健康に自信がなければ将来の医療費も考慮しましょう。

次に、月々の固定費と変動費を見積もります。

固定費には住居費、光熱費、通信費などがありますが、これらは削減が難しいため先に計算に入れてください。

一方、変動費は食費や娯楽費といった、ある程度コントロール可能な出費です。

これらの費用を把握した上で、月々の生活費をどの程度確保する必要があるかを計算します。

②年金収入やその他の収入源を把握する

安定した老後を送るためには、手元にある財源を正確把握しなければなりません。

年金収入はその中心となりますが、その他の収入源の存在も同様に重要です。

まず、年金収入に注目しましょう。

月々の公的年金受給額の把握は、老後生活の資金面を考慮する上で欠かせない要素です。

この情報は、年金手帳やマイナンバーカードを使用してオンラインで照会できます。

年金の受給開始年齢や加入期間によって受け取れる金額は異なるため、正確な情報を集めましょう。

次に、その他の収入源に目を向けます。

不労所得として得られる株式の配当や不動産からの家賃収入があれば、それらの年間収入を算出します。

もちろん、パートタイムやフリーランスでの仕事からの収入もあわせて計算してください。

これらの収入情報を元に、全体の収支バランスを見積もります。

固定支出と比較して、月々の収入がどの程度あるのか、不足分はあるのか、あるいは余裕が出るのかを明確にします。

こうすることで将来への不安を減らし、必要に応じて追加の収入源を探したり、支出を調整したりする計画を立てやすいです。

③生活資金の不足分を見積もる

老後の安定した生活を設計する際、生活資金の不足分を見積もるステップは避けて通れません。

これは、将来必要な資金と現有の財源とのギャップを明確にし、早期の対策を促すための重要なプロセスです。

まず必要な生活資金の総額を把握しましょう。

これには日々の生活費、医療費、レジャーや趣味にかかる費用、そして予期せぬ支出への備えなどが含まれます。

各項目にかかる平均的な費用をリストアップし、月々や年間でどの程度の出費が見込まれるかを算出してください。

次に、手持ちの資金と比較します。

年金収入や不労所得、そして貯金など、確実に見込める収入源をすべて加算します。

これが、老後における総収入です。

総収入から必要な生活資金を差し引いたとき、不足分が明らかになります。

もし不足している場合、ギャップを埋めるための策を講じる必要があります。

不足している金額に応じて、とるべき対策を講じましょう。

④残りの人生の期間を考える

安定した老後生活を実現するためには、残りの人生の期間を真剣に考慮するステップも欠かせません。

これは将来の資金計画を立てる際、いかに重要な期間を見据えるべきかを明確にするものです。

最初のステップとして、平均寿命を基にした自身の見込み余命を理解します。

この時点で、自分がどれだけの期間、資金を維持しなければならないかが明確になります。

厚生労働省が発表した令和3年の調査によると、70歳男性の平均余命は 約16年(86歳)、女性の平均余命は約20年(90歳)となっています。

出典:厚生労働省 令和3年簡易生命表

さらに、この期間の中で、健康状態が許す限りアクティブに過ごす年数も視野に入れるべきです。特に早期リタイアを考えている場合、より長い期間、資金の準備が必要となります。また、高齢期に必要とされる医療費や介護費も、この期間の計算には不可欠です。

これらの情報を踏まえ、現有の貯金や収入源が将来にわたってどれだけ持続するかを評価します。1,000万円の貯金がある場合、それが実際にどれくらいの期間、基本的な生活費を賄うのに役立つかを計算する必要があります。

老後資金が貯金1,000万円で足りない時の対策3選

老後資金が貯金1,000万円で足りない場合、どのような対策をとるべきなのでしょうか。

今回はおすすめの対策として、以下の3点を解説します。

老後資金が貯金1,000万円で足りない時の対策3選

  1. 投資で貯蓄を増やす
  2. 生活費を削減する
  3. 社会制度を利用する

①投資で貯蓄を増やす

老後の安定した資金源を確保するために、貯蓄を増やす手段として投資が考えられます。

投資は適切な知識と戦略があれば、資産の価値を時間とともに増大させ、将来的には生活費の不足を補って余裕をもたらす効果が期待できます。

まず、市場の動向の把握が重要です。

株式や債券、不動産、そして最近の注目を集める暗号通貨など、多様な投資先が存在します。

これらの中から、自分のリスク許容度に合ったものをピックアップして、計画的な戦略を練りましょう。

投資についての知識に自信がない場合は、専門家などにも相談してください。

長期的な視点も欠かせません。

短期間での高リターンを求める投資はリスクが伴います。

老後の資金を考える際には、安定して利益を得られる長期投資がおすすめです。

②生活費を削減する

老後の資金が限られている場合、生活費の削減は避けて通れない課題となります。

これは単に出費を抑えるという意味ではなく、より質の高い生活を送るための賢明な選択をするプロセスです。

まず基本となるのは、家計簿をつけ、どの部分で無駄が多いのかを明確に把握する作業です。

食費、光熱費、通信費など、日々の出費を記録し、必要なものとそうでないものを明確に区別することで、不要なサービスや契約を見直すきっかけを作れます。

次に、食費の節約にも着目しましょう。

外食を減らす、季節の食材を利用する、大量購入や共同購入を利用するなど、さまざまな方法があります。

また食品の無駄を減らすためにも、賞味期限を意識した上で、冷凍保存や保存食の利用も視野に入れましょう。

さらに、光熱費の節約も重要です。

電気料金のプランを見直したり、節水を意識したり、エアコンの温度設定を適正に保つなど、小さな工夫を積み重ねることが肝心です。

これらの日々の小さな節約が、一年を通して見ると大きな差となって現れます。

③社会制度を利用する

老後の安定した生活を送るためには、社会制度の利用も効果的です。

資金が限られている場合、各種の援助やサポートが受けられる公的制度の上手な活用が、経済的な負担を軽減し生活の質を維持する鍵となります。

医療面では、高齢者向けの医療制度や医療費助成制度があります。

これらは、必要な治療を受ける際の経済的な負担を軽減し、健康を維持する手助けをしてくれる制度です。

予防接種や健康診断なども、一部費用が補助される場合があるので、必要なサービスを利用しましょう。

次に住宅面です。

公的な住宅補助制度や、改修助成金制度を利用することで住環境の改善や維持ができ、バリアフリー改修や、冬の暖房設備の充実など、生活の質を向上させるための支援が受けられます。

老後資金の確保におすすめの方法4選

老後資金の確保は、早いうちから着手するに越したことはありません。

そうはいっても、どのように老後資金を確保すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな方にむけ、以下の4つの方法を紹介します。

①財形貯蓄

財形貯蓄は、老後資金の確保に向けた魅力的な制度の一つとして注目されています。

給与から毎月一定の金額を天引きし、自動的に積み立てていく形式で「一般財形」「住宅財形」「年金財形」三つの種類があります。

特に年金財形は、その名の通り老後の生活資金を目的としたものです。

毎月の自動で積み立てられる仕組みのため、貯蓄が苦手な方でも安定して資産を増やしてけます。

また、お金を引き出す際には勤務先の会社を介する必要があるので、思わずお金を使ってしまうリスクも回避できます。

ただし、財形貯蓄の利用は制度を導入している会社に勤めている方限定です。

もし退職した場合や、制度を取り入れていない会社に転職した場合は、財形貯蓄は強制的に解約となります。

さらに、住宅財形と年金財形には利息分が非課税となる特典がついていますが、上限は550万円までで、多くの財形貯蓄の利息が0.1%以下であるため、非課税の利益を十分に享受するのは難しい場合もあります。

②定期預金

定期預金は、特定の期間(例えば1年、3年、5年など)金融機関にお金を預け、その期間中は原則引き出しを行わないという貯蓄方法です。

この方式は、将来必要な資金を確実に確保したいと考える方に適しています

こ利点としてまず挙げられるのは、普通預金に比べて金利が若干高いという点があります。

また、元本保証のメリットも重要です。

市場の変動に左右されず、預けた元本が守られるため、資産が減少するリスクを気にせずに済みます。

しかし、定期預金が高いリターンをもたらす方法とはいえません。

普通預金よりも金利が高いといっても、大きな利益を期待するのは難しく、現在の金利環境では、100万円を預けても数百円の収益しか期待できません。

そのため、資産を増やす目的で定期預金を組むのではなく、確実にお金を手元に残す方法として考えてください。

③つみたてNISA

つみたてNISAは、長期間にわたる積立投資を促進し、資産形成をサポートする制度です。

金融庁が認定した投資信託を選び、自らの手で資産運用を進めて資金を増やしていきます。

特筆すべきメリットは、少額から投資を開始できる点です。

例えば、一部の金融機関では月額数百円からの積立ができるので、資金に余裕のない方でも無理なくスタートできます。

また、最長20年間、年40万円までの投資に対する運用益や分配金が税金の対象外となるため、長期的な資産形成を効率的に進められます。

つみたてNISAは自動的に毎月一定額を投資するシステムであり、投資時のタイミングを気にする必要がありません。

これは、市場のタイミングを読むのが難しいと感じる初心者にも向いているといえます。

一方で、投資である以上はある程度のリスクを伴います。

市場の変動により、投資金額が減少する場合(元本割れ)も否定できません。

加えて、税の優遇は運用益や分配金に限られ、控除範囲が次に解説するiDeCoよりも狭いため、全体的な節税効果は控えめとなります。

④iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、将来の安定した資金確保に寄与する私的年金制度で、利用者が自らの掛金を投資信託、保険、または定期預金などの金融商品に振り向けて運用します。

このシステムの魅力は、掛金が全額所得控除の対象となり、運用益も非課税である点です。

さらに、受取時にも税制上の優遇措置が適用されるため、長期にわたる節税と資産形成を同時に進められます。

掛金は月々5,000円から設定でき、資金に余裕のない方でもスタートしやすいのが特徴です。

注意点として、原則として60歳に達するまで資金の引き出しは認められません。

急にお金が必要になったときに対応しづらいため、非常用の資金は別途準備する必要があります。

また、iDeCoを最大限に活用するためには、金融機関の選定、口座の開設、運用商品の選択など、多くの手続きが伴うので、煩雑な手続きが苦手な方は戸惑う場合もあります。

貯金が1,000万円しかなくても老後の生活が送れる方2選

貯金が1,000万円しかなくても、老後にゆとりのある生活ができる場合もあります。

ここではこうしたケースについて考えましょう。

以下の2つのパターンを見てください。

貯金が1,000万円しかなくても老後の生活が送れる方2選

  1. 不労収入が十分に確保できている
  2. 年金以外に就労収入がある

①不労収入が十分に確保できている

不労収入が十分に確保できている場合、1,000万円の貯金だけでも老後を安心して過ごせる場合があります。

不労収入とは、日常的な労働を行わなくても得られる収入のことで、代表例として不動産からの賃貸収入や株式投資からの配当金などが挙げられます。

例えば、不動産投資をしている方は、賃貸収入によって毎月安定した収入を得ている可能性が高いです。

この賃貸収入は日々の生活費や医療費など、老後にかかるさまざまな経費を賄うのに役立ちます。

また株式の配当金は、企業の業績に応じて受け取れる利益の一部であり、こうした収入源は退職後の生活をサポートします。

重要なのは、これらの投資から得られる不労収入が老後の生活費を十分に補てんできる点です。

加えて株主優待を利用して生活を豊かにしたり、不動産を資産として有効活用したりもできます。

ただし、これらの収入を得るためには投資に関する知識や、資産の管理という手間が必要です。

また、全ての投資にはリスクが伴います。

特に短期間での高収益を狙う投資は、大きな損失を招く可能性もあるため、慎重な資産運用が求められます。

②年金以外に就労収入がある

年金だけでは不安な現代において、就労収入が老後の大きな支えとなり得ます。

貯金が1,000万円しかない場合でも、年金以外に仕事から得られる収入があれば、その収入で生活費の不足分を補い、貯金に手を付けずに済む可能性があります。

2021年の法改正により、企業は高年齢者の就労をサポートする体制を整えるようになり、70歳までの労働が一層現実的な選択肢となりました。

この改正によって高齢でも安定した収入源を持てるため、1,000万円しか貯金がなくてもゆとりを持った老後生活が遅れる場合があります。

さらに、年金の受給を遅らせることによるメリットも無視できません。

年金を遅らせることで受給額そのものが増え、老後の収入がさらに拡大します。

具体的には、65歳以降で年金を受給し始めると、繰り下げる毎に年金が0.7%増え、最長75歳までの繰り下げで年金が最大84%増額する計算です。

しかし実際の老後生活では、健康状態に留意しなければなりません。

長時間の労働は体力を要するため、未来永劫にわたって仕事を続けられるとは限らないため、就労収入に頼りきりになるのではなく、貯金や投資など、他の収入源による老後資金の準備が重要です。

貯金が1,000万円しかない場合「キッズ・マネー・ステーション」で金融教育を受けよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

貯金が1,000万円しかないからといって、必要以上に不安になる必要はありません。

1,000万円の貯金があれば、投資や資産運用などを通じて資産を増やしていけます。

とはいえ、投資や資産運用などの金融知識を独学で身につけるのは難しいですよね。

そこでおすすめなのが「キッズ・マネー・ステーション」です。

キッズ・マネー・ステーションは、幼児から大学生、そしてその家族を対象に、「マネー教育・キャリア教育・消費者教育」のプログラムを豊富に展開している場です。

 

現場の経験が豊富な講師たちが、自らの実体験を交えながら、貴重な金融教育を提供してくれます。

親子での参加もできるので、小さなうちからお子様に金融教育を施したい方にもおすすめです。

まとめ~貯金が1,000万円しかないと老後は不安~

この記事では、貯金が1,000万円しかないと悩んでいる方に向け、老後に必要な資産や老後資金の構築におすすめの方法などを解説しました。

記事の冒頭でも解説した通り、貯金が1,000万円しかない状態では、余裕のある老後生活は難しいです。

政府の調査結果をみても、単身無職世帯、夫婦無職世帯ともに、毎月20,000円弱の不足が発生しています。

老後に困窮した生活を送らないためにも、資産運用などを通じて貯金が1,000万円しかない状態から脱却するのがおすすめです。

つみたてNISAやiDeCo、個人向け国債などを活用して、貯金が1,000万円しかない悩みから解放され、安心の老後を迎えましょう。

貯蓄について学ぶなら「キッズ・マネー・ステーション」
キッズ・マネー・ステーション
■キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント
  • 貯蓄にまつわる講座が満載!
  • 講座実績が業界トップクラス!
  • 親子で受けられる講座も充実!

-お金をためる

© 2024 Money Education