クレジットカード

ライフカードは即日発行できる?発行にかかる時間や最短でカードを受け取る方法を紹介

ライフカードは即日発行

現在、数百種類のクレジットカードが市場にあり、中にはデジタルカードとして即日でカード番号の発行が可能なものも存在しています。

特に即日発行に対応しているクレジットカードは、緊急を要する場面やすぐにカードが欲しいと考えている方におすすめのカードです。

たとえば、ライフカード株式会社が提供するライフカードは、年会費が無料で、ポイントも貯めやすく使い勝手の良い特徴があります。

■ライフカードの基本情報
カードデザイン ライフカード
年会費(税込) 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド Mastercard、JCB、Visa
発行日数 最短2日
申込資格 18歳以上の電話連絡が可能な方

しかし、ライフカードは即日発行に対応しておらず、発行には最短で2日、手元に届くまで約3日から7日前後の日数を要します。

また審査にかかる時間は、申込者の信用情報によって大きく前後するため、2日以上の時間をかけてカードを発行することもあります。

今回は、ライフカードの発行時間やクレジットカードを迅速に受け取る方法について詳しく説明します。

このページで分かること

  • ライフカードは即日発行できるのか
  • ライフカードとは
  • ライフカードのメリット
  • 即日発行できるクレジットカード

※当記事は2024年現在の情報になります。
※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※本ページにはPRが含まれます。

ライフカードは即日発行できない

冒頭でも紹介したように、ライフカードは即日発行のサービスを提供していません

加えて、仮カードの発行サービスも行っていないので、緊急でクレジットカードが必要となる状況では、ライフカードが適していません

申し込みからカードが手元に届くまでのプロセスについて、ライフカードの公式情報によると、WEB完結申し込みの場合でも、審査完了に最短1営業日、カード発行に最短2営業日を要するとされています。

加えて、カードの受け取り方法は郵送のみであり、申し込み後の迅速な利用開始を希望されている方のニーズにはかないません。

したがって、今日中にクレジットカードを手に入れたいと考えている場合や、短期間での利用開始を必要とする状況では、ライフカード以外のクレジットカード会社を検討する必要があるでしょう。

\ 業界最高水準のポイント還元率!/

ライフカードを公式サイトで申込む

 

ライフカードの審査基準

ライフカードの審査プロセスには独自の基準が設けられており、それは一般に公開されていません

しかし、ライフカードを申し込む際の基本的な条件として、以下の要件を満たす必要があります。

【申し込み資格】

  • 高校生を除く18歳以上で日本国内在住の方
  • 電話連絡が取れる状態であること

このクレジットカードは、その柔軟な申込資格により、パートやアルバイト、学生といったさまざまな職業の方でも申し込めます

これは、特にフルタイムの正社員でなくても信用を築くことができるという点で、利用者にとって大きなメリットとなります。

審査の際には、申込者の信用情報が重要な要素として考慮されるため、過去のクレジットヒストリーが良好であることが望ましいです。

過去に支払い遅延や債務不履行がある場合は、審査に否定的な影響を及ぼす可能性が高いです。

ライフカードの審査では、申込者の年収や職業、居住状況などの情報を総合的に評価し、クレジットリスクを管理します。

このため、申し込み時には正確な情報を提供し、必要書類を完備することがスムーズな審査の鍵となります。

ライフカードが手ともに届くまでにかかる時間

ライフカードの申し込みを検討している方にとって、カードが実際に手元に届くまでの時間は大きな関心事の一つでしょう。

ライフカードのプロセスを細かく見てみると、申し込みからカードが手に入るまでには、複数のステップが含まれています。

申し込みからカードが手に入るまでにかかる時間

  • 審査実施・完了に要する時間:最短1営業日
  • カード発行に要する時間:最短2営業日
  • カード郵送:最短3日~7日前後

最初の重要なステップは、審査の過程です。

申し込み後、最短で1営業日後に審査結果のメールが送信されます。

このメールは、審査が完了したことをお知らせするもので、審査の内容によっては、さらに時間がかかる場合があることを理解しておく必要があります。

審査に合格した後、ライフカードは最短で2営業日後にカード発行のプロセスを行い、ご自宅に普通郵便で発送されます。

審査完了から発行に要する時間における注意点

契約内容やお手続きの内容に応じて、簡易書留郵便や本人限定郵便での発送が選択される場合もあるため、受け取りまでの時間は若干変動する可能性があります。

これらの情報から、ライフカードの申し込みから手元に届くまでの最短期間は、概ね3営業日程度と見積もることができますが、審査の状況や発送方法によっては、もう少し時間がかかる場合があることを覚悟しておくべきです。

ライフカードの発行に時間がかかる原因

冒頭でも取り上げたように、ライフカードは即日発行に対応していませんが、審査に問題がないと判断されれば、最短3日でカードが発行されます。

最短3日は、数あるクレジットカードの中でも早い部類です。

しかし、最短3日でカードが発行されるとはいえ、様々な理由でカード発行に要する時間が数日伸びることもあります。

ここでは、ライフカードの発行に時間がかかる原因を3つ紹介します。

営業時間外にカード発行の申し込みをした

ライフカードの申し込みを土日や祝日、または営業時間外に行うと、審査開始が遅れる原因になります。

通常、審査は営業日のみ行われるため、週末に申し込んだ場合、審査が始まるのは次の週の月曜日からになります。

【受け取り日数が伸びる仕組み】

カード申し込みのタイミング カードが発行されるタイミング
水曜日の午前中に申し込んだ場合 最短で金曜日にライフカード発行
金曜日の午後に申し込んだ場合 翌営業日(月曜日)に審査が行われて最短水曜日にカード発行

これを避けるためには、営業日内に申し込むことが最善です。

信用情報に「金融事故」の経歴がある

過去にクレジットカードやローンの支払いを滞納した記録がある場合、それが信用情報に記録されています。

このような「金融事故」の情報は、申し込み者の信用度を下げ、ライフカードの審査に悪影響を及ぼします。

【金融事故とみなされる情報】

  • 公共料金・税金の未払いがある
  • カードローンの返済に未払い、遅延がある
  • 債務整理を行った経歴がある

一度ブラックリストに登録されると、その情報は5年間保持され、その期間中は新規のクレジット審査に通りにくくなるため、注意が必要です。

申し込み情報に誤りがある

申し込み情報に誤りがあると、審査プロセスが遅れる原因となります。

誤った情報を入力してしまうと、審査担当者が確認作業に余計な時間を費やす必要があり、場合によっては審査結果の通知が次の営業日に持ち越されることもあります。

【情報入力後に確認すべき情報】

  • 年収額
  • 勤め先の情報
  • 申込者情報

これを避けるためには、申し込み情報を二重にチェックし、誤入力がないかを確認することが重要です。

最短でカードを受け取りたい場合は、特に慎重に情報入力を行うべきです。

ライフカードの申込からカードを受け取るまでの手順

ここでは、ライフカードの申込からカードを会社側から受け取るまでの流れについて解説して行きます。

なお、ライフカードはオンラインでの申し込みに対応しており、お手持ちのスマホやPCなどのデバイスからいつでもカードの入会手続きが行えます。

【ライフカードの申込からカードを受け取るまでの手順】

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 申込フォームに申込者の情報を記入する
  3. 審査実施・完了
  4. カード発行・郵送

公式サイトにアクセス

ライフカードを発行する際は、まず公式サイトにアクセスします。

そこから、画面下部にある「お申し込みはこちら」をタップして申込フォームに進んでいきます。

申込フォームに申込者の情報を記入する

カードデザイン ライフカード

申込フォームにアクセスしたら、以下の情報を入力しています。

入力する情報

  • 個人情報
  • カードデザイン
  • 引き落とし口座の情報
  • 勤め先の情報など

ここで入力する情報の大部分は、この後実施される審査の評価項目になります。

特に個人情報や勤め先の情報、年収額等の情報に誤りや虚偽の疑いがあると、審査完了までにかかる時間が送れたり、最悪の場合、審査落ちになる可能性もあります。

情報の送信前には確認画面が表示されますので、情報に誤りがないか確認したうえで手続きを進めていきましょう。

審査実施・完了

申込フォームで記入した情報を会社に送信したら、審査が行われます。

審査には約1日を要し、結果については翌日メールにて通知されます。

審査に合格すれば、カードが発行され、3~7日前後で手元に届きます。

逆に審査に落ちてしまった場合は、カード発行は行われず、審査に落ちた理由を問い合わせても会社側は教えてくれません。

なお、審査に落ちても再申請は可能です。

ただし、落ちてすぐ申し込みを行うと「お金ら困っている」と思われてしまうので、最低でも3ヶ月~6ヶ月近い空白期間を設けた後で申し込みを行いましょう。

カード発行・郵送

審査に通れば、3~7日前後でカードが自宅に普通郵便で届きます。

ただし、契約内容によっては簡易書留郵便または本人限定郵便にて発送することもあります。

後者の場合は本人確認書類の提示を求められるのでいつでも提示できるよう準備しておきましょう。

またカードが届いたら、会員専用Webサービス「LIFE-Web Desk」へログインしましょう。

LIFE Web Desk

こちらのサイトでは、現在のポイント数やご利用明細などの情報が確認できます。

なお、LIFE-Web DeskログインIDは、カード到着前後にEメールにて通知されます。

\ 業界最高水準のポイント還元率!/

ライフカードを公式サイトで申込む

 

ライフカードの審査状況を確認する方法

ライフカードの申し込みを行った後、その審査の進行状況を知りたくなるのは自然なことです。

審査の結果を心待ちにしている間に、「まだ審査しているのかな?」と不安に思うこともあるでしょう。

そんな時には、ライフカードの審査状況の確認ができる「カードの審査・発送状況照会」を利用しましょう。

カードの審査・発送状況照会

【ライフカードの審査状況の確認方法】

  1. ライフカードの審査状況照会サービスにアクセス
  2. 申し込み時に受け取った受付番号と自身の生年月日を入力する

しかし、審査の具体的な完了時期については、この方法では確認できない点に注意が必要です。

審査状況を確認すると、「審査中です」という表示が出る場合がほとんどで、審査がいつ終わるかについての具体的な情報は提供されません。

審査プロセスは個々の申し込み内容によって異なるため、予定していた時間よりも長く可能性があります。

ライフカードを最短数日で受け取る方法

ライフカードは即日発行に対応していませんが、最短3営業で受け取りができるクレジットカードです。

即日性という点を除けば、どのカードよりも手早くクレジットカードが受け取れる部類になります。

また最短3日で受け取るには、審査をスムーズに通過することを前提とします。

ここでは、ライフカードを最短で受け取る方法を紹介します。

申し込み情報を正確に記入する

間違いや誤字・脱字があると、確認作業が増え、審査期間が延長する原因になります。

審査に影響する情報

  • 個人情報
  • 勤め先の情報
  • 年収額

また、誤った情報を提供すると、最悪の場合、審査に不合格となる可能性もあります。

提出前に情報を二度確認し、誤りや空欄がないかをチェックすることが、スムーズな審査の進行につながります。

正確な情報提供は、審査の速度だけでなく、信用構築の基礎でもあります。

クレヒスを積み立てる

クレジットカード申し込みの際に、重要視されるのがクレジットヒストリー、通称「クレヒス」です。

クレジットヒストリーとは

これは、過去の借入や返済の履歴を指し、信用情報機関に記録されます。
良好なクレヒスを構築するには、クレジットカードやローンの返済を期日通りに行うことが不可欠です。
一方、遅延や滞納があると、クレヒスに悪影響を及ぼし、将来の金融サービス利用に際して不利になります。

定期的に小額の利用を行い、確実に返済することで、信用度を高めることができます。

クレヒスは、金融機関が個人の信用度を評価する上で重要な指標となるため、積極的に良好な履歴を築きましょう。

安定かつ継続的な収入状況を作る

クレジットカードの審査では、申込者の収入状況が重要な判断材料となります。

安定かつ継続的な収入状況が審査にもたらす影響

安定した収入があることは、返済能力があると見なされるため、審査に有利に働きます。
継続的な収入証明ができるよう、雇用形態に関係なく、定期的な収入のある状況を作ることが重要です。

特にフリーランスや契約社員の場合でも、定期的な契約更新や安定した収入が見込める業務を選ぶことが、審査通過のカギとなります。

また、収入状況を証明するための資料を整え、申し込み時に迅速に提出できるよう準備しておくことが推奨されます。

キャッシング枠をゼロで申し込む

クレジットカードの審査をスムーズに進め、迅速なカード発行を目指す場合、キャッシング枠を0円で申し込むことが一つの戦略です。

キャッシング枠の設定は、審査プロセスにおいて追加の評価が必要とされる場合があり、これが審査期間の延長に繋がることがあります。

キャッシング枠を0円に設定することで、審査の簡素化が図れ、審査期間の短縮が期待できます。

また、カード発行後に実際にキャッシング機能が必要になった場合でも、後から枠の設定や変更ができます。

ライフカードを使用するメリット

ここからはライフカードのメリットを見ていきましょう。

ライフカードのメリット

  • ポイントが貯まりやすい
  • ポイントの使い道が豊富
  • 年会費の有無を選べる

クレジットカードとの相性は、どのようなメリットを得られるかによっても大きく異なります。

ライフカードではどのようなメリットが得られるのかを確認した上で、自分に合っているか検討してみてください。

ポイントが貯まりやすい

ライフカードのメリットの一つは、ポイントが貯まりやすいという点です。

ライフカードを利用することで、さまざまなシーンでポイントを貯められます。

特にスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの日常的な買い物に対して、高いポイント還元率を提供しているため、普段の生活費や食料品の購入でも効率的にポイントが貯まるのです。

またライフカードは、提携店舗での利用でもボーナスポイントを獲得できます。

さらに年会費が無料なので、カードを持っているだけでも余計なコストがかかる心配はありません。

ポイントの使い道が豊富

ライフカードは獲得したポイントの使い道が豊富なのもメリットの1つです。

様々なニーズに合わせてポイントを有効活用できるため、無駄にすることはありません。

ライフカードのポイント交換プログラムは多彩で、航空券やホテル予約、商品券、電化製品など、幅広いアイテムやサービスにポイントを交換できます。

個人の好みやニーズに合わせてポイントが使えるため、充実したライフスタイルをサポートしてくれるでしょう。

年会費の有無を選べる

ライフカードのメリットの一つは、年会費の有無を選べる点です。

ライフカードは、カード会員が自身の利用スタイルやニーズに合わせて、年会費を選択できるカードとして知られています。

具体的には、ライフカードを申し込む際に年会費を支払うか、年会費無料のオプションを選ぶかを決められます。

自分のニーズに合わせて選べるため、クレジットカードの利用にかかるコストを柔軟に調整できるのがポイントです。

年会費を支払う場合は一定の金額を支払う代わりに、多彩な特典やサービスを享受できることがあります。

これには、ポイント還元率の向上や、海外旅行保険、ショッピング優待などが含まれます。

一方、年会費無料のオプションを選んだ場合は固定費用の負担を減らせるため、余計なコストをカットできるのがポイントです。

ライフカードが抱えるデメリット

ライフカードには多くのメリットがあるのですが、デメリットもあります。

ライフカードのデメリット

  • ポイントは交換しなければ使えない
  • 旅行傷害保険が付いていない

メリットとデメリットを比較した上で、自分に合っているかを確認しましょう。

ポイントは交換しなければ使えない

ライフカードのデメリットの一つは、ポイントが交換しなければ利用できない点です。

ライフカードは比較的ポイントが貯まりやすく、多彩な特典を提供しているのがメリットです。

しかし、その特典を得るためには一手間加えなければいけません。

ライフカードでためたポイントは、カード会社の指定する特典カタログや交換プログラムを通じて、商品やサービスと交換する必要があります。

ライフカードで貯めたポイントは、手元に持っていても、そのままクレジットカードの支払いに充てられないのです。

ポイントの使い道が直接的なクレジットカード支払いとは切り離されているため、一部の利用者にとっては不満に感じることもあるでしょう。

また、特典を受けるためには特典カタログをチェックし、交換手続きを行う必要があるため、手間や時間がかかることがあります。

特選カタログの中から選ばなければいけないため、一部の利用者にとってはポイントの交換先が自身のニーズに合わない場合もあるかもしれません。

ポイントを有効活用するためにも、事前にライフカードで貯めたポイントがどの特典と交換できるかを確認しておきましょう。

旅行傷害保険がついていない

ライフカードには旅行傷害保険がカードに付帯されていないのもデメリットの1つです。

一部のクレジットカードは国内外の旅行に際して、事故や怪我に対する保険を提供していますが、ライフカードはこの特典を提供していないため、注意が必要です。

旅行傷害保険は、旅行中に突発的なトラブルや怪我に備えるために非常に大切なもの。

例えば、海外旅行時に急な医療費が発生した場合、旅行傷害保険を利用すれば、費用の一部を補償してくれることがあります。

また、旅行中に荷物が紛失したり、遅延した場合にも補償が適用されることもあります。

しかし、ライフカードには保険特典がカードに付帯されていないため、旅行時に発生した不測の事態に対処するためには別途保険の加入が必要です。

保険に関するコストや手続きがかかる場合もあるため、十分に検討しなければいけません。

即日発行できるおすすめのクレジットカード

ライフカードは残念ながら即日発行に対応していません。

受け取りも郵送のみとなるため、1週間以上の時間がかかることもあります。

緊急を要する支払いなど、どうしてもすぐにクレジットカードが必要な場合は、即日発行のカードを選びましょう。

即日発行できるおすすめのクレジットカード

  • ACマスターカード
  • エポスカード

それぞれのクレジットカードの特徴と魅力を合わせてご紹介するので、ライフカードと比較しながら参考にしてみてください。

ACマスターカード

ACマスターカード-バナー-20231005

ACマスターカードのおすすめポイント

  • 即日発行が可能
  • 年会費が無料
  • オンライン申し込みが便利

ACマスターカードは、即日発行が可能なクレジットカードとして知られています。

ACマスターカードの大きな魅力は、発行までのプロセスがスピーディーなことです。

急な支出や緊急のシーンでクレジットカードが必要な場合、ACマスターカードは頼りになる存在だと言えるでしょう。

さらに、ACマスターカードは年会費が無料なので、余計なコストをかけずにカードを所持できます。

初めてクレジットカードを取得する方や複数のクレジットカードを所有したい方にとって魅力だと言えるでしょう。

また、オンライン申し込みも簡単で便利です。

オンライン申し込みを利用すれば審査結果もスピーディに通知されるため、即日発行の可能性が高まるでしょう。

ACマスターカードは国内外で利用でき、広い範囲での支払いに対応しているので、使い勝手にも優れています。

年会費 永年無料
家族:なし
ETC:なし
申込条件 安定した収入と返済能力を有する方
アコムの基準を満たす方
発行日数 最短即日発行
電子マネー
スマホ決済
QUICPay
GooglePay
国際ブランド Mastercard
付帯保険 なし
ポイント 0.25% ※利用金額から自動的にキャッシュバックされる

\ ACマスターカードは最短即日、スピード発行!/

3秒診断で!ACマスターカード

 

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント

  • 即日発行が可能
  • 多彩なクレジットカードデザイン
  • ポイントプログラムが充実

エポスカードは即日発行が可能なクレジットカードの一つで、その魅力は多岐にわたります。

クレジットカードを即座に手に入れて利用できるため、予期せぬ支払いにも対応できます。

また、エポスカードには多彩なクレジットカードデザインが用意されています。

自分の好みやスタイルに合ったカードを選べるため、気持ちも高まるでしょう。

さらに、エポスカードでは充実したポイントプログラムを提供しています。

カード利用に応じてポイントが貯まり、貯めたポイントは商品券やギフトカードなどに交換できます。

豊富なポイントプログラムは、日常の支出をお得にする手助けとなるでしょう。

エポスカードは、ショッピングや外食、旅行など幅広いシーンで活用でき、その利便性と多彩な特典が利用者に喜ばれています。

即日発行が可能な上に、自分らしいデザインのクレジットカードを手に入れられるため、ポイントを賢く活用したい方におすすめです。

年会費 永年無料
家族:なし
※ゴールドはあり
ETC:無料
申込条件 高校生を除く18歳以上
発行日数 最短即日
電子マネー
スマホ決済
Apple payなど
国際ブランド VISA
付帯保険 海外旅行保険
最高500万円が自動付帯
ポイント 付与:200円=1ポイント
還元率:0.5%
ポイント使い道 プリペイドチャージ
Amazonギフト券
ANAマイルなど

\最短即日発行 ! エポスカード/

新規申し込みはこちらへ

今ならWEBからの新規入会で2,000円相当プレゼント

ライフカードは即日発行できないが最短3日で発行できる

ライフカードは比較的ポイントがたまりやすく、ポイントの使い道も豊富なのですが、即日発行には対応していません

通常、ライフカードの発行プロセスには最短でも3営業日を要し、これには週末や祝日が含まれません

そのため、緊急でカードが必要な場合には他の選択肢を検討する必要があります。

【即日発行可能なクレジットカード】

  • ACマスターカード
  • エポスカード
  • 三井住友カード(NL)

申し込みはオンラインで行うことができ、すべての手続きを迅速に進めることが可能です。

しかし、審査の結果が出るまでには時間がかかるため、計画的に申し込む必要があります。

即日発行対応のクレジットカードは、申し込みから数時間で利用開始が可能な場合が多く、緊急時の選択肢として有効です。

ライフカードとの比較を行い、自分のライフスタイルや利用目的に最も合ったカードを選ぶことが重要です。

ライフカードの基本情報

ライフカード-20230920

ライフカードのおすすめポイント

  • 知名度が高い
  • ポイントプログラム多彩
  • 便利なモバイルアプリ

ライフカードは、日本のクレジットカード市場でも人気を集めているカードの一つです。

ライフカードは様々なシーンで利用でき、特にスーパーマーケットやコンビニでの利用に優れています。

生活必需品の購入がお得になるため、値上がりラッシュが続いている近年にぴったりのクレジットカードです。

また、ライフカードはポイントプログラムが多彩で、カード会員に様々な特典を提供しています。

提携店での利用でもボーナスポイントが獲得できるため、ポイントを積極的に有効活用したい方に向いています。

ライフカードは、便利なモバイルアプリも提供しており、利用明細の確認やポイントの管理がスマートフォンから簡単に行えるのも魅力の1つです。

アプリを活用することで、支出をコントロールしやすくなり、効果的にポイントを活用できるでしょう。

年会費(税込) 無料
申込資格 18歳以上の電話連絡が可能な方
国際ブランド Mastercard®
JCB
Visa
還元率 0.5%~1.5%
利用可能枠 ~200万円
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

\ 業界最高水準のポイント還元率!/

ライフカードを公式サイトで申込む

 

-クレジットカード

© 2024 Money Education