クレジットカード

必ず審査が通る・審査なしで作れるクレジットカードは存在する?今すぐカードが欲しい方・審査が不安な方におすすめのカードを紹介

クレジットカード 審査なし

【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
※こちらはアフィリエイトサイトのため広告を掲載しています。

クレジットカードを取得するには、申込先のカード会社が設けた入会審査を通過しなければ取得できません。

そんな中、カード審査への不安から審査なしで取得できるクレジットカードや、申し込めば必ず審査が通るクレジットカードを探す方が少なからずいらっしゃいます。

しかし、審査なしや審査が必ず通るといったクレジットカードは存在しません。

最も、クレジットカードの審査実施の義務は、貸金業法の第13条にて定められています。

貸金業法・第13条

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

参照:貸金業法の第13条より

とはいえ、クレジットカード以外のカードであれば、審査に不安がある方でもカードを持つことができます。

そこで今回は、クレジットカードの審査に不安を持っている方におすすめのクレジットカードを5つ紹介しつつ、カード審査の通過率を上げる方法、審査に落ちた時の対処方法を詳しく紹介します。

※2024年現在の情報になります。
※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

このページで分かること

  • 審査なしのクレジットカードはあるのか
  • クレジットカードの審査でよく見られるポイント
  • 審査なしで作成できる!!クレジットカードのかわりになるカード
  • クレジットカードの審査に落ちた時の対処方法
  • クレジットカードの審査通過率を上げる方法

※本ページにはPRが含まれます。

目次

必ず審査に通る・審査なしで作れるクレジットカードは存在しない

審査は、クレジットカードを申し込むうえで避けては通れない最も重要なプロセスの一つです。

クレジットカードがほしい方の中には、審査なし、または必ず審査に通るクレジットカードを探している方がいます。

しかし、冒頭でも紹介したように、原則、審査なしや審査に必ず通るクレジットカードは存在しません

クレジットカードの取得で審査を行う目的

全てのクレジットカード発行は、利用者の返済能力と信用情報を評価するための審査を必要とします。
これは、クレジットカード会社が利用者に代わって支払いを立て替えるシステム上、貸し倒れリスクを最小限に抑えるためです。

また割賦販売法における、クレジットカードの発行に際しては、利用者の支払能力を超えるような取引を防ぐために信用情報機関を通じた正確な信用情報に基づいた審査が義務付けられています。

割賦販売法

割賦販売業者及びローン提携販売業者は、共同して設立した信用情報機関(信用情報の収集並びに割賦販売業者及びローン提携販売業者に対する信用情報の提供を業とする者をいう。以下同じ。)を利用すること等により得た正確な信用情報に基づき、それにより利用者又は購入者若しくは役務の提供を受ける者が支払うこととなる賦払金等が当該利用者又は購入者若しくは役務の提供を受ける者の支払能力を超えると認められる割賦販売又はローン提携販売を行わないよう努めなければならない。

参照:割賦販売法第38条:支払能力を超える購入等の防止より

加えて、審査の難易度や基準は、クレジットカード会社やカードの種類によって異なります

一部のクレジットカードは、比較的審査に通りやすいとされていますが、それでも申込者の年収、職業、過去のクレジット履歴(クレヒス)などの情報を基にした審査が行われます。

特に、クレジット履歴が乏しい「スーパーホワイト」の方や、定期的な収入がない無職の方は、審査に通ることが難しい場合があります。

審査が不安な方・すぐにカードが欲しい方におすすめのクレジットカード10選

残念ながら、クレジットカードには審査が必須なので、審査に通らなければいけません。

しかし、収入が少なかったり、専業主婦で仕事をしていなかったりなど、様々な要素で審査に受かるか不安を感じている方もいるでしょう。

ここからは、審査が不安な人におすすめのクレジットカードをご紹介します。

クレジットカード ACマスターカード 三井住友カード(NL) PayPayカード VIASOカード 楽天カード プロミスVisaカード Tカード プラス
(SMBCモビット next)
イオンカード
セレクト
Nexusカード ライフカード
(デポジット型)
カードデザイン ACマスターカード 三井住友カード(NL) PayPayカード-20230526 三菱UFJカードVIASOカード 楽天カード プロミスVisaカード-20230526 Tカードプラス(SMBCモビットnext)-20230526 イオンカードセレクト-20230908 Nexusカード ライフカード(デポジット型)の特徴
年会費 無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 無料 無料 無料 1,375円(税込) 5,500円
還元率 0.25% 最大1.0〜5.5% 1.00%~5.00% 0.50%~1.00% 1.00%~3.00% 0.5% 0.50% 0.50%~1.33% 0.50% 0.50%
国際ブランド MasterCard Visa VISA、Mastercard、JCB Mastercard VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス) VISA Mastercard VISA/Mastercard/JCB Mastercard Mastercard
発行スピード 最短即日 最短3営業日 最短即日発行 最短1営業日 通常1週間 最短5営業日 最短5営業日 最短即日 1~2週間程度 最短3営業日
入会資格 安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方 高校生を除く18歳以上の方 18歳以上で本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方 18歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方 高校生を除く18歳以上の方 高校生を除く18歳〜74歳で安定した収入のある方 年齢満20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方 高校生を除く18歳以上の方 18歳以上(高校生を除く) 20歳以上で電話連絡が可能な方

それぞれのカードの特徴と魅力をまとめていくので、ぜひ参考にしてみてください。

ACマスターカード

ACマスターカード-バナー-20231005

おすすめポイント

  • 審査が比較的緩やか
  • プリペイド機能で予算管理がしやすい
  • クレジット履歴の構築が可能

ACマスターカードは、審査基準が比較的緩やかなクレジットカードです。

信用履歴の浅い人や初めてのクレジットカード利用者でも申請しやすく、生産に関する不安を軽減できるでしょう。

また、ACマスターカードにはプリペイド機能が備わっており、事前にチャージした金額の範囲内で利用することも可能です。

あらかじめ決まった金額をチャージすることで予算管理がしやすく、使いすぎの心配や借金リスクを抑えられるでしょう。

さらに、ACマスターカードの利用履歴はクレジット履歴として報告されるため、支払い履歴の構築や信用情報の向上に役立ちます。

定期的かつ正確な支払いを行うことで、将来的により有利なクレジットカードやローンの利用が可能になるでしょう。

年会費 無料
還元率 0.25%
付与ポイント
ショッピング保険
旅行保険
スマホ決済
国際ブランド MasterCard
発行スピード 最短即日
入会資格 安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

\ ACマスターカードは最短即日、スピード発行!/

3秒診断で!ACマスターカード

 

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)-20230531

おすすめポイント

  • 審査基準が比較的緩やか
  • 豊富なカードデザインとカスタマイズオプション
  • 幅広い特典とサービスの提供

三井住友カード(NL)もACマスターカードと同じく、審査基準が比較的緩やかなクレジットカードです。

信用履歴の浅い人や初めてクレジットカードを申し込む人でも、気軽に申請しやすいでしょう。。

また、三井住友カード(NL)は豊富なカードデザインとカスタマイズオプションを提供しています。

自分のスタイルや好みに合わせたデザインを選べるため、気分も上がるでしょう。

さらに、三井住友カード(NL)は幅広い特典とサービスを提供しています。

ポイントプログラムやキャッシュバックなどの特典、海外旅行保険やショッピング保険などの保険サービスも利用できます。

お得な特典やサポートを受けながらクレジットカードを利用できるため、利便性に優れていると言えるでしょう。

年会費 永年無料
還元率(通常) 最大1.0〜5.5%
付与ポイント Vポイント
ショッピング保険 年間100万円までのお買物安心保険
旅行保険
スマホ決済 WAON、iD、Apple Pay、Google Pay
国際ブランド Visa
発行スピード 最短3営業日
入会資格 高校生を除く18歳以上の方

\ 三井住友カード(NL)  /

公式サイトはこちらへ

 

PayPayカード

PayPayカード

おすすめポイント

  • 簡単に発行できる
  • モバイル決済サービスとの連携が便利
  • 豊富なキャンペーンや特典が魅力

PayPayカードは、条件を満たしていれば誰でも簡単に発行できるクレジットカードです。

ちなみに、運営会社であるPayPayが独自の審査基準を設けており、信用履歴や収入証明書の提出は不要です。

そのため、審査が不安な人でも気軽に申し込めます。

また、PayPayカードはPayPayとのモバイル決済サービスと連携しています。

スマートフォンやアプリを使った簡単な支払いが可能であり、便利なキャッシュレス生活をサポートしてくれるでしょう。

PayPayカードの支払いは即時にPayPayアプリに反映され、ポイントも効率よく貯められます。

さらに、PayPayカードは豊富な特典が揃っているのも魅力です。

利用金額に応じてポイントがたまり、そのポイントをPayPayアプリ内で利用できます。

近年では多くのお店がPayPayに対応しているため、さまざまなお店やサービスで特典や割引が受けられるでしょう。

貯めたポイントを普段のショッピングでも利用できるため、近年の値上げラッシュの中でも嬉しいポイントです。

ポイ活をしている方にもおすすめのクレジットカードです。

年会費 永年無料
還元率(通常) 1.00%~5.00%
付与ポイント PayPayポイント
ショッピング保険
旅行保険
スマホ決済 Apple Pay、楽天ペイ
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
発行スピード 最短即日発行
通常1週間
申し込み&審査は最短5分
審査完了からカード到着まで約1週間
入会資格 18歳以上
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
学生可
高校生除く

\ 年会費永年無料!PayPayポイントがたまる/

PayPayカードを公式サイトで申込む

VIASOカード

VIASOカード-20230419

おすすめポイント

  • 簡易な審査で発行可能
  • 初めてのクレジットカード利用者にも適している
  • 利用限度額が柔軟に設定できる

VIASOカードは、審査が不安な人にとっておすすめのクレジットカードです。

特に初めてのクレジットカード利用者や信用履歴の浅い人にも適しているでしょう。

簡易な審査プロセスを経て、申し込みからカード発行までスムーズに進められるのが特徴です。

VIASOカードの特徴のひとつは、利用限度額が柔軟に設定できることです。

自分の収入や支出状況に合わせて、希望する限度額を設定できます。

限度額を比較的自由に設定できるため、自分の予算や使い方に合わせた使い勝手の良いクレジットカードとして活用できます。

さらに、VIASOカードは一定の利用実績を積み重ねることで、信用情報の構築やクレジットスコアの向上にも役立ちます。

正確な支払い履歴を維持することで、将来的により良好な信用評価を得られるでしょう。

年会費 永年無料
還元率(通常) 0.50%~1.00%
付与ポイント  VIASOポイント
ショッピング保険 海外 100万円
国内 100万円(リボ払い・分割払いの場合のみ)
旅行保険 海外旅行保険
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
国際ブランド Mastercard
発行スピード 最短1営業日
入会資格 18歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
学生可
高校生を除く
未成年の方は親権者の同意が必要

\三菱UFJカード VIASOカード!最大10,000円をキャッシュバック /

三菱UFJカード VIASOカードの新規申し込みはこちら

楽天カード

楽天カード-20230531

おすすめポイント

  • 審査基準が比較的緩やか
  • 楽天ポイントがたくさんたまる
  • 幅広い提携先で特典が受けられる

楽天カードは、審査基準が比較的緩やかで初めてのクレジットカード利用者にもおすすめのクレジットカードです。

楽天カードの魅力のひとつは、楽天ポイントがたくさん貯まることです。

カード利用ごとにポイントが貯まり、楽天グループのさまざまなサービスや提携店舗で利用できます。

日常の買い物や旅行などで積極的に楽天カードを使うことで、お得なポイントをたくさん獲得できます。

近年では多くの商品やサービスが値上がりしています。

お得にポイントを貯められれば、食料品や日用品などもポイントで購入できるため、家計をサポートしてくれるでしょう。

さらに、楽天カードは幅広い提携先で特典が受けられることも魅力です。

楽天グループのオンラインショップや楽天トラベルなどで優待や割引を受けられます。

提携している加盟店での利用でも、ポイントや割引が受けられることもあります。

日常の買い物や楽天サービスを積極的に活用することで、お得な特典を受けられるでしょう。

年会費 永年無料
還元率(通常) 1.00%~3.00%
付与ポイント  楽天ポイント
ショッピング保険
旅行保険 海外旅行保険
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
発行スピード 通常1週間
入会資格 18歳以上
学生可

\ 楽天カード /

公式サイトはこちらへ

 

プロミスVisaカード

プロミスVisaカード-20230526

おすすめポイント

  • カードローン機能が備わっている
  • 対象のコンビニ・飲食店で最大7%還元
  • 学生限定で「対象のサブスク料金で最大10%」、「携帯料金で最大2%」などの特典がついている

プロミスVisaカードは、三井住友カードが提供する、審査に通りやすく即日融資が可能なクレジットカードです。

年会費無料で、ショッピングだけでなく、ローン機能を利用した借入れにも使用できる点が大きな魅力です。

また、対象のコンビニや飲食店でスマホ決済を行うと、最大7%のポイント還元を受けることができ、特に学生にはサブスク料金や携帯料金での還元率アップなど、さらにお得な特典が用意されています。

支払方法は非常に柔軟で、リボ払いのほか、1回払いや分割払いなど、さまざまなニーズに対応可能です。

年会費 無料
還元率(通常) 0.5%
付与ポイント Vポイント
ショッピング保険
旅行保険 海外旅行傷害保険
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
国際ブランド VISA
発行スピード 最短5営業日
入会資格 高校生を除く18歳〜74歳で安定した収入のある方

Tカード プラス(SMBCモビット next)

Tカードプラス(SMBCモビットnext)-20230526

おすすめポイント

  • カードローン機能とTポイントの獲得機能を兼ね備えた多目的カード
  • ETCカードの発行や、Apple Pay/Google Payにも対応
  • 最短5営業日での発行が可能

Tカード プラス(SMBCモビット next)は、一般的なクレジットカードの機能に加え、カードローン機能とTポイントの獲得機能を兼ね備えた多目的カードです。

このカードの大きな特長は、日常のショッピングでポイントを貯めつつ、必要に応じてカードローンを利用できる柔軟性にあります。

年会費無料で提供され、ポイント還元率は0.5%となっており、Mastercard加盟店での利用ができます。

特に注目すべきは、カードローン機能の利用が外部に知られにくい設計である点です。

これにより、利用者はプライバシーを守りながら、金融サービスを利用することができます。

さらに、最短5営業日での発行が可能であり、急な資金ニーズにも迅速に応えられます。

年会費 無料
還元率(通常) 0.5%
付与ポイント Tポイント
ショッピング保険 お買物安心保険
旅行保険
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
国際ブランド Mastercard
発行スピード 最短5営業日
入会資格 年齢満20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト-20230908

おすすめポイント

  • イオン系列の店舗では常にポイント還元率が2倍
  • 毎月20日と30日に開催される「お客さま感謝デー」では5%OFFで買い物ができる
  • イオンカードセレクト(WAON一体型)ならイオン銀行の口座開設が不要

イオンカードセレクトは、イオングループの店舗での利用を想定して設計されたクレジットカードです。

このカードの特徴は、年会費無料でありながら、イオン系列の店舗では常にポイント還元率が2倍になるという点です。

また、VISA、Mastercard、JCBのいずれかの国際ブランドが選べ、最短即日でのカード番号発行が可能であり、Apple Payや楽天ペイなど、複数のスマホ決済サービスにも対応しています。

これにより、発行直後からデジタル決済が利用可能になります。

イオンカードセレクトの最大の魅力は、毎月20日と30日に開催される「お客さま感謝デー」で、対象のイオン系列店舗で5%OFFで買い物ができることです。

これはイオンでの定期的な買い物をするユーザーにとって大きな節約チャンスとなります。

さらに、イオンカードセレクト(WAON一体型)を選択すると、イオン銀行の口座開設なしで利用できるため、より手軽にスタートできる利点があります。

年会費 無料
還元率(通常) 0.50%~1.33%
付与ポイント ときめきポイント
ショッピング保険 あり
旅行保険
スマホ決済 Apple Pay/楽天ペイ
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
発行スピード 最短即日
入会資格 高校生を除く18歳以上の方

Nexusカード

Nexusカード

おすすめポイント

  • 貯まったポイントをデジタルギフトに交換できる
  • 使いすぎ防止につながるデポジット型のクレジットカード
  • 通常のクレジットカードとして利用可能

Nexusカードは、利用者が自ら設定できる利用枠を持つデポジット型クレジットカードです。

このカードの特徴は、1,375円(税込)の年会費と、発行手数料として別途550円(税込)が必要であることですが、0.50%のポイント還元率を提供し、約1~2週間程度で発行されます。

デポジット型であるため、「ほぼ審査なし」であり、「ブラックリスト」に登録されている方でも審査を通過しやすいという利点があります。

さらに、使いすぎる心配がなく、計画的な金銭管理を促進します。

保証金として前払いされた金額内で利用できるため、使い過ぎによる金銭的なリスクを軽減することができます。

また、貯まったNexusポイントは6,000種類以上のデジタルギフトに交換可能で、利用者の生活スタイルに合わせた多様なリワードを享受できる点も魅力です。

年会費 1,375円(税込)
※別途550円(税込)の発行手数料が必要
還元率(通常) 0.50%
付与ポイント Nexus ポイント
ショッピング保険
旅行保険
スマホ決済
国際ブランド Mastercard
発行スピード 1~2週間程度
入会資格 18歳以上(高校生を除く)

ライフカード(デポジット型)

ライフカード(デポジット型)の特徴

おすすめポイント

  • ETCカードの発行ができる
  • Apple Pay、Google Pay、楽天ペイといった主要なスマホ決済サービスにも対応
  • 国内外で使用できる旅行傷害保険がついている

ライフカード(デポジット型)は、事前に保証金を預けることで、クレジットカードとしての利用が可能になる特殊な形態のカードです。

このカードは特に「審査に不安がある方」や「過去に延滞がある方」、「初めてクレジットカードを作る方」に向けて設計されており、公式サイトにもその旨が明記されています。

保証金の支払いはカードお届け時の代金引換で行われ、年会費5,500円(税込)が初年度から必要ですが、これによりマスターカードブランドのクレジットカードとして利用ができます。

さらに、ライフカード(デポジット型)はETCカードの発行が可能であり、LIFEサンクスポイントが付与されるなど、通常のクレジットカードと同じようにポイントが貯まる仕組みが整っています。

年会費 5,500円
還元率(通常) 0.5%
付与ポイント LIFEサンクスポイント
ショッピング保険
旅行保険 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
国際ブランド Mastercard
発行スピード 最短3営業日
入会資格 20歳以上で電話連絡が可能な方

審査なしで作成できてクレジットカードの代わりになるおすすめのカード

クレジットカードは、原則、カード会社が設けた審査を通過しなれば取得はできません。

比較的取得がしやすいと言われている一般ランクのクレジットカードでも、信用情報が少なかったり、年収が基準を満たしていなかったりなどをすると、審査に落ちる可能性があります。

とはいえ、どうしてもクレジットカードが欲しいと方もいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのが、クレジットカードに類似した機能を持つカードを発行することです。

クレジットカードと類似した機能を持つカード

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 家族カード

ここからは、上記3種類のカードの特徴や取得するメリット・デメリット、クレジットカードとの違いについて解説します。

デビットカード

カードの形式 クレジットカード デビットカード
年会費 カードのランクによって異なる なし
審査の有無 あり なし
ポイント還元率の高さ 高い 低い
特典の利用可否 可能 不可

デビットカードは銀行口座に直接リンクされた支払い手段で、預金口座から直接資金を引き出して商品やサービスの支払いに使用します。

クレジットカードと異なり、借金せずに実際の預金残高内でのみ支払いが可能で、残高を超えた支払いはできません。

主にATMの現金引き出しやPOS端末での支払いに利用され、一部はオンラインショッピングや電子決済にも対応します。

この点を踏まえて、デビットカードを利用するメリット・デメリットをまとめると以下のようなにまとめられます。

デビットカードのメリット デビットカードのデメリット
・算管理がしやすい
・利息がかからない
・即時支払い
・広く受け入れられている
・セキュリティが比較的安全
・消費者保護の制約が少ない場合がある
・銀行口座に直接アクセスされる
・お得な特典は受けられない
・利用範囲が限定される
・反映までに時間がかかる

即時に銀行口座から支払いが行われるため、支出の追跡が容易で予算管理に役立ちますが、クレジットカードのような特典や信用履歴の構築は期待できません。

利用規則は銀行や地域によって異なるため、事前の確認が必要です。

デビットカードがおすすめな人

  • 資金管理を重視する人
  • 信用履歴の構築を希望する人
  • クレジットカードを使いたくない人

プリペイドカード

カードの形式 クレジットカード プリペイドカード
年会費 カードのランクによって異なる なし
審査の有無 あり なし
ポイント還元率の高さ 高い 低い
特典の利用可否 可能 不可

プリペイドカードは、予め一定額をカードにチャージしてその範囲内で利用可能な支払い手段です。

このカードは銀行口座と直接関連していないため、予算管理や個人情報の保護に役立ちます

オンラインショッピングや店舗での購入、現金引き出しに幅広く使用でき、クレジットカードと同様に便利ですが、借金をすることなく支出を管理できる点が大きなメリットです。

予算に応じてチャージすることで、使い過ぎのリスクを防ぎ、個人情報の漏洩リスクも低減できます。

この点を踏まえて、プリペイドカードを利用するメリット・デメリットをまとめると以下のようなにまとめられます。

プリペイドカードのメリット プリペイドカードのデメリット
・予算管理しやすい
・個人情報の保護
・オンラインショッピングで便利
・海外旅行でも利用できる
・利息がかからない
・利用履歴をオンラインで確認できる
・利用範囲が限定される
・追加で手数料がかかることがある
・お得な特典が受けられない
・紛失や盗難のリスクがある
・クレジット履歴の構築に制約がでる場合がある

一部のサービスや高額な予約では受け入れられない場合があるため、使用前には利用可能な場所や条件を確認する必要があります。

プリペイドカードがおすすめな人

  • 予算管理を重視したい人
  • 個人情報の保護を重視する人
  • クレジットカードを持てない人

家族カード

カードの形式 クレジットカード 家族カード
年会費 カードのランクによって異なる 付帯先によって異なる
審査の有無 あり なし
ポイント還元率の高さ 高い 低い
特典の利用可否 可能 可能

家族カードは、クレジットカードの本会員がその家族に対して発行できるサブカードの一種です。

このカードの最大の特徴は、家族メンバーが別途審査を受けることなくクレジットカードを持つことができる点にあります。

審査プロセスは本会員のみに適用され、本会員が既にクレジットカード会社から信頼を得ている場合、その信用を基に家族カードが発行されます。

これにより、家族メンバーは審査の心配なくクレジットカードの利便性を享受することが可能になります。

家族カードのメリット 家族カードのデメリット
・家族全店の審査は不要
・家族全員でポイントが貯められる
・付帯元と同じサービス・特典が利用できる
・付帯元のランクによっては年会費が発生する
・利用限度額が付帯元と合算される
・付帯元の解約に伴って家族カードの使用ができなくなる
・発行枚数に制限がある

ただし、家族カードの利用にあたってはいくつか留意すべき点があります。

家族カードの利用分は全て本会員の責任下にあるため、家族メンバーの使い過ぎには注意が必要です。

また、家族カードを利用する家族メンバーが支払いを怠ると、その影響が本会員のクレジットスコアに及ぶこともあります。

家族カードがおすすめの方

  • 年会費を節約したい方
  • 職業・収入の面からクレジットカードの発行が難しい方
  • 家計管理をひとまとめで管理したい方

クレジットカードの審査でみられているポイント

クレジットカードの審査では、よく見られるポイントがあります。

クレジットカードの審査でよく見られるポイント

  • 安定した年収
  • 年齢
  • 信用情報
  • 家族・居住状況

上記のポイントを詳しく見ていきましょう。

安定した年収

クレジットカードの審査で見られやすいポイントの一つは、安定した年収があるかどうかです。

安定した年収があるかどうかは、クレジットカード会社にとって返済能力を表す指標となります。

収入が安定しているということは、毎月の生活費や固定費を賄えるということを意味します。

カードの返済も滞りなくできると判断されるため、審査で見られる重要なポイントとなるのです。

審査では、申請者の年収の額だけでなく、その収入が一定の期間安定しているかも見られるポイントです。

収入が一時的な契約やプロジェクトに依存している場合、クレジットカード会社は本当に返済能力があるのか疑問に思い、審査を厳しく行うことがあります。

一方で、安定した雇用や給与体系に基づく収入を持つ場合、クレジットカード会社は返済能力の高い申請者として評価する可能性が高い傾向にあります。

また、安定した年収は、クレジットカードの利用制限額にも影響が出る場合も。

高い年収を持つ申請者は、クレジットカードの利用制限額を増やせる可能性があります。

しかし、年収だけでなく、その他の要素も審査されるため、安定した収入があるというだけで受かるとは限りません。

審査では複数の要素を総合的に評価されることを理解しておきましょう。

年齢

クレジットカードの審査において、もう一つ重要なポイントは年齢です。

年齢は申請者の信用性や経済的な安定性を評価するために考慮されます。

一般的に、年齢が若い場合は信用履歴が短いため、審査が厳しくなる傾向があります。

若年層の場合、まだ十分な収入が得られていなかったり、借金や返済履歴が少ないことが多いです。

これらの要素が審査において不利に働いてしまうかもしれません。

しかし、年齢だけで審査に落ちるわけではないので安心してください。

年齢が若くても、安定した収入や良好な信用履歴があれば審査に通過できるでしょう。

一方で、高齢の場合も審査に影響が出る可能性があります。

高齢者の場合、健康状態や収入の安定性に関する懸念があるため、審査基準が厳しくなることも。

ただし、高齢者でも十分な収入や信用履歴があれば、クレジットカードを取得することは可能です。

信用情報

信用情報もクレジットカードの審査でよく見られるポイントです。

信用情報とは、申請者の過去の借入履歴や返済履歴などを記録したデータであり、信用情報機関によって管理されています。

クレジットカード会社は、この信用情報を参考にして申請者の信用性を評価しています。

信用情報は主に以下の要素で構成されているので、詳しく見ていきましょう。

審査で用いられる信用情報 評価ポイント
クレジットヒストリー
(信用履歴)
クレジットヒストリー、または信用履歴は、個人が過去に行った借入や返済、滞納、債務整理などの記録の総体です。
この履歴は、クレジットカード会社が申請者の信用度を判断する際の重要な基準となります。
過去の借入履歴が正確で、返済が遅延なく行われていることが確認されれば、良好な信用度を示すことができます。
一方で、過去に滞納や債務整理がある場合、これらは審査においてネガティブな要素となり得ます。
信用履歴の管理と改善は、将来の金融取引において有利な立場を確保するために不可欠です。
支払い履歴 支払い履歴は、個人が過去に利用したローンやクレジットカードの支払状況を示します。
定期的かつ遅延なく返済されている履歴は、申請者の信頼性と返済能力の高さを示し、クレジットカードの審査においてプラスの影響を与えます。
この履歴により、申請者が責任を持って財務義務を果たしてきたかどうかが評価されるため、良好な支払い履歴の維持は信用スコア向上の鍵となります。
債務残高 債務残高は、申請者が現在抱えている他の借入やローンの総額を指します。
多重債務状態や大きなローン残高は、申請者の返済能力に懸念をもたらし、クレジットカードの審査結果に悪影響を及ぼす可能性があります。
負債の適切な管理と減少は、返済能力の改善に繋がり、審査通過の確率を高めるために重要です。
クレジットスコア クレジットスコアは、信用情報を基に算出される数値で、申請者の信用リスクを評価するために利用されます。
高いクレジットスコアは、申請者の良好な信用状態と返済能力の高さを示し、クレジットカードの審査において有利に働きます。
このスコアは、支払い履歴、債務残高、信用履歴などの要素から影響を受け、定期的な確認と改善が推奨されます。
良好なクレジットスコアの維持と向上は、より良い金融条件を得るための重要なステップです。

家族・居住状況

クレジットカードの審査では、申請者の家族構成や居住状況も重要な要素となります。

申請者の経済的な安定性や返済能力を評価するために考慮されます。

家族・居住状況が審査に及ぼす項目 評価ポイント
家族構成 クレジットカードの申請において、家族構成は申請者の経済的背景を理解する上で重要な要素です。
家族が多い場合、収入が家族間で分散されることや、家族を支える経済的責任が大きくなることが考慮されます。
このため、返済能力に対する評価が厳しくなる可能性があります。
一方で、共稼ぎや成人した子どもがいる家庭では、収入源が複数あるとみなされ、返済能力が高いと評価されることもあります。
クレジットカード会社は、申請者の家族構成を通じて、申請者の生活状況や経済的責任を総合的に判断します。
居住状況 居住状況は、申請者の安定性と信頼性を判断する上で重要な指標です。
自己所有の住宅や長期間同じ賃貸物件に住んでいる場合、これは経済的安定性の証と見なされます。
安定した居住状況は、返済能力の良い指標として審査にプラスの影響を与える可能性があります。
逆に、頻繁に住所を変更する履歴は、不安定な生活状況を示唆し、審査結果に悪影響を及ぼすことがあります。
住所履歴 申請者の住所履歴は、その人の生活の安定性を示す指標として評価されます。
長期間にわたって同一の住所で生活していると、これは個人の安定した生活基盤と見なされ、信頼性や返済能力が高いと評価されます。
クレジットカード会社は、住所履歴を通じて申請者の社会的な安定性を測り、信用リスクを評価します。
長い住所履歴は、申請者が安定したコミュニティの一員であることを示すため、審査の際に有利に働くことがあります。
連絡先情報 申請者の提供する連絡先情報の正確性は、クレジットカード会社との円滑なコミュニケーションを保証する上で極めて重要です。
正確かつ最新の連絡先情報を提供することで、必要な情報の共有や、緊急時の迅速な連絡が可能となります。
これにより、信頼性が高まり、審査過程での評価が向上する可能性があります。
一方で、連絡先情報が不正確または古い場合、不正利用のリスクが高まるとともに、クレジットカード会社との信頼関係に悪影響を及ぼすため、審査に否定的な結果を招くことがあります。

クレジットカードで審査に落ちやすい人の特徴

クレジットカードで審査に落ちやすい人には、共通の特徴があります。

クレジットカードで審査に落ちやすい人の特徴

  • 返済能力が低いと判断された
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 借入の額が大きすぎる
  • 初めてクレジットカードを作る方

以下で詳しく解説していくため、当てはまっていないか確認してみてください。

返済能力が低いと判断された

クレジットカードの審査において、返済能力が低いと判断されると審査に落ちやすい傾向があります。

クレジットカード会社は審査時に返済能力を重要視しています。

申込者がクレジットカードの利用料金や借入金を返済できるかどうかを厳重にチェックしており、主に以下の要素で判断されるのが一般的です。

収入水準

クレジットカード会社は、申込者の収入を確認し、返済能力を評価します。

十分な収入がない場合や、収入が不安定な場合、返済能力が低いと判断される可能性があります。

返済能力を評価する項目 評価ポイント
借入履歴 申込者の借入履歴は、クレジットカードの審査において極めて重要な要素となります。
特に、遅延や債務整理、破産といった過去の負の記録は、審査過程で大きなマイナスポイントとなることがあります。
これらの記録は、申込者が将来的に負債を返済する能力に疑問を投げかけ、クレジットカード会社からの信頼を損なう原因となります。
しかし、過去に問題があったとしても、時間をかけて信用を回復させることは可能です。
定期的な収入の確保や、負債の返済計画の立案、返済履歴の改善などを通じて、信用情報を正の方向に導くことが重要です。
他の負債の有無 クレジットカードの審査におけるもう一つの重要なポイントは、申込者が保持する他の負債の有無です。
既存のローンや他のクレジットカードの利用状況が審査結果に影響を及ぼすことがあります。
特に、多重債務やクレジットカードの利用率が高い場合、これらは申込者の返済能力に関する懸念材料となり得ます。
多くの場合、これらの状況は審査に否定的な影響を与え、審査落ちの原因となることがあります。
負債の整理や、利用中のクレジットカードの利用率を下げること、そして安定した収入源を確保することが、審査通過のための鍵となります。
負債を管理し、責任をもって金融行動をとることで、長期的に信用スコアを向上させることが可能です。

過去に金融事故を起こしている

クレジットカードの審査では、申込者の過去の金融行動が重要な評価基準となります。

【信用に影響をもたらす情報】

  • 債務整理
  • 破産
  • 公共料金・税金等の滞納など

これらの金融事故は、個人の返済能力や信用度に関する懸念を生じさせ、クレジットカード会社にとっては貸し倒れリスクを高める因子となり得ます。

そのため、過去に金融事故を起こしたことがある場合、審査に落ちる可能性が高くなります。

金融事故を起こした過去があると、信用情報機関に記録され、その情報は一定期間、信用情報に残り続けます。

この不良情報は、クレジットカードだけでなく、ローンや他の金融サービスの利用にも影響を及ぼします。

しかし、金融事故の記録があるからといって、絶対にクレジットカードが発行されないわけではありません。

時間の経過と共に信用情報が改善され、返済能力があることを示せれば、クレジットカードの発行が可能になるケースもあります。

借入の額が大きすぎる

借り入れの額が大きすぎると審査に落ちやすい傾向があります。

クレジットカード会社は申込者の返済能力を評価し、借り入れ額が返済能力を上回る場合はリスクが高いと判断してしまいます。

また、借り入れ額が大きすぎる場合、返済能力への懸念が生じることも。

クレジットカード会社は負債の増加や返済負担の重さを懸念するため、審査の際にリスクを避けるために借り入れ額に制限を設けることもあります。

借り入れ額が大きいとクレジットカード会社が抱えるリスクも増大します。

万が一、申込者が返済不能になった場合、クレジットカード会社は大きな損失を被ってしまうかもしれないのです。

そのため、審査時には借り入れ額が返済能力を超えていないかどうかが厳しくチェックされます。

審査において借り入れ額が大きすぎると判断されると、クレジットカードの発行が難しくなります。

借り入れ額を抑えるためには、返済能力に合った範囲内でクレジットカードを利用することが重要です。

他の負債やローンの返済状況も審査に影響するため、借り入れ額を減らすように取り組んだり、負債の整理をしたりなどしておくこともおすすめします。

初めてクレジットカードを作る方

クレジットカードを初めて作る人も審査に落ちやすい傾向があります。

クレジットカード会社が新規申込者の信用度や返済能力を評価する際に、過去の信用履歴や借入履歴がないために情報不足となるからです。

クレジットカード会社は審査においてリスクの少なさを重視しており、返済能力や信用度を見極めるために申込者の情報を利用します。

しかし、初めてクレジットカードを作る人はこれまでのクレジット履歴がなく、過去の返済実績や信用度を評価する材料がありません。

そのため、クレジットカード会社は情報不足から返済能力や信用度を判断するのが難しくなり、審査に受かるのが困難になるケースも少なくないのです。

初めてクレジットカードを作る人が審査に通過するためには、信用度を高めるための取り組みが重要なポイントです。

具体的には以下のポイントを参考にしてみてください。

信用度を高めるための取り組み 方法
収入や雇用情報を正確に提供する クレジットカードの審査過程において、安定した収入と雇用状況は審査の重要なポイントです。
審査担当者は、申込者が定期的に収入を得ているか、またその収入が返済能力に見合っているかを評価します。
正確かつ詳細な収入や雇用情報を提供することで、申込者自身の返済能力を適切にアピールでき、審査通過の可能性を高めることができます。
虚偽の情報を提供することは、信用情報に悪影響を及ぼし、将来的な金融取引にも影響するため避けるべきです。
追加の担保や保証人を用意する 初めてクレジットカードを申し込む場合、追加の担保や保証人を提供することで、信用度を補強し審査の通過率を高めることが可能です。
担保や保証人があることで、カード会社はリスクを低減できると判断しやすくなります。
ただし、保証人を設定する際は、万が一の支払い不能時に保証人への負担が発生するため、事前に十分な相談と同意が必要です。
また、この方法は全てのカード会社やカード種類で利用可能とは限らないため、具体的なオプションは事前に確認しておくことが重要です。
セキュアカードの利用 セキュアカードは、特にクレジットヒストリーがない、または信用度を構築したい初心者に最適な選択肢です。
預け金を担保として設定し、その金額内での利用が可能なセキュアカードは、利用者にとって信用度を築くための貴重な手段となります。
適切に管理し、期限内に支払いを行うことで、信用情報機関に良好な記録を残すことができ、将来的に通常のクレジットカードへのステップアップが容易になります。
セキュアカードを利用することで、信用履歴のない個人でも金融信用を構築し、より広範な金融サービスを利用する道が開かれます。

クレジットカードの審査に落ちた時の対処方法

クレジットカードを申し込む際には、審査が行われます。

審査では、申し込み者の信用情報や収入などを確認し、クレジットカードを発行する人に値するかどうかを判断するプロセスです。

クレジットカードの審査では注意しなければいけないポイントがあります。

【クレジットカードの審査通過率を引き上げる方法】

  • 信用情報の確認
  • 収入の確認
  • 借り入れ残高の把握
  • 申込書の正確性
  • 多重申し込みに注意
  • 信用スコアのことを理解する

それぞれの注意点を以下で詳しく見ていきましょう。

信用情報の確認

クレジットカード会社は、審査のために信用情報機関から申込者の信用情報を取得します。

信用情報には、過去のクレジットカードの利用履歴やローンの返済履歴などが含まれます。

過去に支払い遅延や債務不履行があると、審査に影響する可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

収入の確認

クレジットカード会社は、申請者の収入情報を確認します。

収入が安定しているかどうかや、返済能力があるかどうかを判断するためです。

収入が少なすぎる場合や安定していない場合は、審査の通過が難しくなるかもしれません。

借入残高の把握

クレジットカード会社は、他のクレジットカードやローンの借入残高も確認します。

借入残高が多いと、返済負担が大きくなり、新たなクレジットカードの発行が難しい場合があります。

申込書の正確性

クレジットカード会社は、提出された申込書の情報を細かく確認します。

情報に誤りや不正確な点があると、審査が遅れたり、否決される可能性があります。

必要事項を間違えないように確認しながら記入していきましょう。

多重申し込みに注意

同時に複数のクレジットカード会社に申し込むと、信用情報に記録され、審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

必要な場合でも、同時に複数のクレジットカードに申し込むことは避けましょう。

信用スコアのことを理解する

審査の結果は、信用スコアに基づいています。

信用スコアは、信用情報や返済履歴などを元に算出されます。

高い信用スコアを持つと、クレジットカードの審査に通りやすくなるため、以下の点に注意しましょう。

信用スコアの項目 スコアの評価ポイント
支払い履歴 支払い履歴は信用スコアに大きな影響を与えます。クレジットカードやローンの返済を遅延することなく、定期的に完全に行うことが極めて重要です。
遅延や未払いは信用情報にネガティブな記録として残り、信用スコアの低下を招きます。逆に、支払いを常に期日内に行うことで、信頼性の高い借り手であると評価され、信用スコアが向上します。
借入残高 借入残高を管理し、可能な限り減少させることは信用スコアを高める上で効果的です。
特に、クレジットカードの利用残高を限度額の30%以下に保つことが推奨されます。借入残高が少ないほど、財務負担が軽いとみなされ、信用スコアの向上に繋がります。
適切な借入管理は、将来的な借入能力にも好影響を及ぼします。
信用活動の経歴 信用活動の歴史は、長期にわたる責任ある金融行動の証として機能します。
クレジットカードやローンを長期間保有し、定期的に使用することで、安定した信用利用者であるとの評価を得られます。
古い口座を無闇に閉鎖せず、適度に利用を続けることが、信用スコアの向上に寄与します。
同時期に申し込んだクレジットカードの枚数 短期間に複数のクレジットカードやローンへの申し込みは、信用スコアに悪影響を及ぼす可能性があります。新規に信用を申し込む際には、それがどのように信用履歴に影響するかを慎重に考慮する必要があります。
複数の新規申し込みは、高いリスクを負う借り手であるとみなされることがあるため、必要な時以外は新たな信用申し込みを控えましょう。

クレジットカードの審査の通過率を上げる方法

「なぜクレジットカードの審査に落ちてしまったのだろう」

「クレジットカードの審査に受かるためのコツはないの?」

このように疑問を感じている方もいるでしょう。

ここからは、クレジットカードの審査に通りやすくなるコツをご紹介します。

クレジットカードの審査に通りやすくなるコツ

  • キャッシング枠は0円に設定する
  • 短期間の多重申し込みはしない
  • 固定電話の設定
  • 正確な申告をする

キャッシング枠は0円に設定する

クレジットカードの審査に通りやすくなるためにも、キャッシング枠を0円に設定しましょう。

キャッシング枠とは、クレジットカードを使って現金を借りることができる枠のことです。

キャッシング枠を0円に設定することで、貸借のリスクが低くなり、審査に通りやすくなると言われています。

キャッシング枠があると、クレジットカード会社は借り入れのリスクを考慮しながら審査を行います。

しかし、キャッシング枠を0円に設定することで、借り入れの可能性がなくなるので、審査時に負債のリスクが軽減されるのです。

また、キャッシング枠を0円に設定することで、自身の借り入れや返済の管理もしやすくなります。

無駄な利息や手数料を抑えられるため、借金のリスクも軽減できるでしょう。

短期間の多重申し込みはしない

短期間に複数のクレジットカードに申し込まないことも重要なポイントの1つです。

複数のクレジットカード会社に同時に申し込むと、信用情報に複数の申込み履歴が残ります。

多重申し込みをすると信用リスクに影響が出るため、審査結果に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

クレジットカード会社は審査時に信用情報を参考にします。

多重申込みは、他のクレジットカード会社が行った審査結果や借入状況が反映されるため、信用度が低下してしまうかもしれません。

さらに、複数のクレジットカードを同時に持つことで、返済能力の負担が増え、信用リスクが高まると判断されることもあります。

そのため、審査に通りやすくするためには、短期間に複数のクレジットカードに申し込まないことが大切です。

複数のクレジットカードに申し込みをする際は、1枚のカードの審査が終わってから行うようにしましょう。

また、審査に通りやすくするためには、正確な情報を提供することも重要なポイントです。

正確な情報を提供し、返済履歴を良好に保つことで、信頼性を高められるでしょう。

固定電話の設定

意外なポイントかもしれませんが、固定電話の設定も審査に受かりやすくなることの1つです。

クレジットカード会社は審査時に、電話連絡を取ることで情報の確認や疑問点の解消を行なっています。

固定電話番号は信頼性が高いとされており、申込者の身元確認に役立つため、審査に通りやすくなる可能性があるのです。

固定電話の設定は、安定性と信頼性を示す要素となるため、審査に有利になるかもしれません。

携帯電話番号やインターネット電話番号などの移動性が高い番号と比較すると、固定電話は一定の住所に関連付けられているため、申込者の居住地や連絡先の安定性を示すと考えられているのです。

とは言え、固定電話を持っていない方も多いでしょう。

固定電話がない場合や利用が困難な場合でも、固定電話の有無だけで審査の結果が決まるわけではないので安心してください。

他の方法での連絡手段を提供したり、電話以外の情報提供や書類の提出したりなど、代替手段を利用することで、審査に受かる可能性を高めることもできます。

正確な申告をする

クレジットカードの審査に通りやすくするためには、正確な申告をすることが非常に重要です。

クレジットカード会社は審査時に、申込者の情報を詳細に確認し、信用度や返済能力を判断します。

そのため、申込書やオンラインフォームに正確かつ正直な情報を提供することは不可欠と言っても過言ではないでしょう。

まず、個人情報の正確性は非常に重要です。

氏名や住所、電話番号、雇用状況など、自分自身の正確な情報を提供しましょう。

誤った情報や不正確な情報を提供すると、審査が遅延するだけでなく、信頼性を損なう可能性もあります。

また、収入情報や雇用状況についても正確に申告しましょう。

収入はクレジットカードの利用限度額や返済能力に関わる重要な要素です。

正確な収入情報を提供することで、クレジットカード会社は返済能力を適切に評価できます。

さらに、既存の負債やクレジットカードの利用状況についても正確に申告することが大切です。

他のクレジットカードの利用状況や債務の有無は信用度に影響を及ぼす可能性があるため、正確な情報を提供することで、より正確な審査を行えます。

誤った情報を提供しないためにも、一つ一つの項目を確認しながら記入していきましょう。

審査なしのクレジットカードに関するよくある質問

最後にクレジットカードの審査に関するよくある質問をまとめておきます。

下記の質問以外にも気になる点があれば、申し込みを検討しているカード会社に相談してみると良いでしょう。

審査が心配な人におすすめのクレジットカードは?

審査が心配な人に特におすすめのクレジットカードは、ACマスターカードと楽天カードです。

ACマスターカードと楽天カードは、審査に不安のある人にとっても取得しやすく、ポイントプログラムや特典が魅力的です。

これらのカードは日常の支出やオンラインショッピングを活用することで、ポイントをためたり特典を受けたりできます。

また、両方のカードは広範な加盟店で利用できるため、日常の買い物や旅行などさまざまな場面で活用できるでしょう。

審査なしでクレジットカードを持つ方法はある?

基本的に審査がないクレジットカードはありません。

どのクレジットカードでも審査が設けられているため、受からなければ発行は難しいでしょう。

クレジットカードは貸金行為を伴うため、発行会社は審査を行って信用力や返済能力を評価し、リスクを最小限に抑えなければいけません。

審査なしでクレジットカードを作りたい場合は?

クレジットカードのような審査なしで発行できる代替手段として、デビットカードとプリペイドカードがあります。

デビットカードは、銀行口座に直接紐付けられたカードで、利用する際にはその口座からの引き落としで支払いが行われます。

デビットカードはクレジットカードと同じように利用できますが、実際には借金をするのではなく、自分の銀行口座の残高から直接支払われるため、基本的に審査は行われません。

ただし、デビットカードはクレジットカードと比較して特典や保険などのサービスが限られる場合があります。

プリペイドカードは、あらかじめチャージした金額を利用できるカードです。

事前に金額をカードにチャージしておき、そのチャージ分まで利用できるのが特徴です。

プリペイドカードは審査なしで利用できるため、クレジットカードを持つのが難しい人や未成年者にとって便利なツールとなるでしょう。

ただし、プリペイドカードには利用制限や手数料が発生することがあり、クレジットカードと同じような特典や保険のサービスは受けられません。

そのため、審査なしでクレジットカードを作りたい場合には、デビットカードやプリペイドカードを比較検討することが大切です。

デビットカードやプリペイドカードは利用方法やサービスの提供範囲に制約があることを理解した上で、自分のニーズや状況に合わせて選びましょう。

必ず審査が通る・審査なしで作成できるクレジットカードは存在しない

今回は審査なしで手に入れられるクレジットカードはあるのかどうかについてまとめていきました。

残念ながら、どのクレジットカードも審査が設けられているため、審査なしで手に入れるのは難しいでしょう。

しかし、審査が不安な方にもおすすめのクレジットカードがあります。

  • ACマスターカード
  • 三井住友カード(NL)
  • PayPayカード
  • VIASOカード
  • 楽天カード

上記のカードは比較的審査に通りやすいと言われているため、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめです。

また、審査が落ちるのには必ず何かしらの理由があります。

審査に受からなかった場合は、なぜ落ちたのかその理由を確認してみましょう。

安定した収入がなかったからなのか、信用情報が足りなかったからなのかなどを確認することで、次の審査に活かせます。

今記事ではクレジットカードの審査に通りやすくなるコツもご紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

-クレジットカード

© 2024 Money Education