クレジットカード

物販におすすめのクレジットカードランキング【2024年最新版】

2023年最新版! 物販におすすめのクレジットカードランキング (1)

「会社に依存せずに稼ぎたい」
「個人でも副業を始めて副収入を稼ぎたい」

そのように思っている方は増えてきているのではないでしょうか。

そんな中で、近年「物販」が注目を集めています。

この記事を読んでいただいているあなたの中にも、物販に興味がある方が多いことでしょう。

  • 始めるのが簡単そう
  • 家で簡単に出来る
  • なんか自分にもできそうな気がする

といったイメージで、物販は人気を集めています。

あなたの予想通り、物販ビジネスは時間と場所に捉われない自由度の高い副業です。

物販を始めたいと思っているあなたに!今回は、物販をするならクレジットカードが重要だという話をしようと思います。

クレジットカードの選び方一つで物販で得をするか損をするかに影響が出てきたりするんです…。

物販で成功するためにも、クレジットカード選びの重要性を理解し、最適なカード選びをしていきましょう。

※当記事は2023年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

目次

物販におすすめのクレジットカードランキングTOP10!【2024年最新版】

物販ビジネスを始める際には、多くの人が見落としてしまうが非常に重要な要素があります。

それは「クレジットカード選び」です。

物販ビジネスを行う上で、うまくクレジットカードを利用することで、取引をスムーズに行うことが可能となりますし、還元率の高いカードを選べば、かかるコストを削減することもできます。

それでは、数あるクレジットカードの中でどれを選べばいいのでしょうか。

以下に、物販にオススメクレジットカードのTOP10を紹介します。

 カード名 PayPayカード Amazon Mastercard 楽天カード LINE Pay 三井住友カード(NL) イオンカード SELECT  JALカード 住信SBIネット銀行デビット(VISA) SMBCデビット UCSカード
年会費 無料 無料 無料 無料 無料 無料 6,600円 無料 無料  3,300円(初年度無料)
ポイント還元率 1.0〜5.0% 1.0%~1.5% 1.0~3.0% 1.0~5.0% 0.5~7.0% 1.0~3.0% 0.5~1.0% 0.6% 0.5% 0.5%~1.0%
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
Mastercard VISA
Mastercard
JCB
American Express
VISA VISA VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
VISA VISA VISA
Mastercard
JCB
限度額 200万円 200万円 100万円 100万円 100万円 200万円 200万円 1000万円 100万円 100万円
特徴 Yahoo!ショッピングで2.0%たまる Amazonで買い物時にポイントが1.5%貯まる 楽天市場でポイント3.0% スマホでコード決済が出来る コンビニなどで最大7.0%還元 キャッシュカードと一体で楽 海外でノマド生活するなら飛行機がお得 海外での利用に最適 デビットカードの中で還元率トップクラス ポイン貯モールでポイント付与率UP

1. PayPayカード

PayPayカード-20230526

カード名 PayPayカード
年会費  無料
ポイント還元率  1.0〜5.0%
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
限度額  200万円
特徴 Yahoo!ショッピングで2.0%たまる

PayPayカードは、キャッシュレス決済を代表するクレジットカードの一つです。

まず、PayPayアプリと直結しているため、スマートフォンで瞬時に決済が出来る利便性があります。PayPayアプリでの管理が容易です。

また、年会費は無料でポイント還元率も高く、審査も簡単な点が大きな魅力です。

PayPayカードを使えば、通常の店舗では多い場合2.0%のポイント還元があるほか、Yahooショッピングなどでは.3.0%ものポイント還元があります。

PayPayは取り扱い店舗も広く、日常のさまざまな支払いで利用することができます

セキュリティ面も強化されており、不正利用防止のためのロック機能など、利用者の安心を考えた機能が充実しています。

2. Amazon Mastercard

Amazon MasterCard

カード名 Amazon Mastercard
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~1.5%
国際ブランド Mastercard
限度額 200万円
特徴 Amazonで買い物時にポイントが1.5%貯まる

Amazon Mastercardの特徴は、なんといってもAmazon利用者にとってお得なカードということです。

最近だと、ほとんどの方がAmazonを日常的な買い物の手段として使っていると思います。

物販においてものを仕入れる際も、Amazonの莫大なラインナップにお世話になる機会は非常に多いでしょう。

Amazonはただでさえお得なサービスが多いですが、Amazon Mastercardを使えば更にお得になります。

また、Amazonアカウントと直接リンクされているため、管理や利用も非常にスムーズです。

3. 楽天カード

楽天カード-20230419

カード名 楽天カード
年会費 無料
ポイント還元率 1.0~3.0%
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
American Express
限度額 100万円
特徴 楽天市場でポイント3.0%

楽天カードのメリットは、何と言ってもポイント還元率が非常に高いことです。

特に楽天市場での購入時には高還元が得られ、物販におけるコスト削減に大きく貢献します。

さらに、楽天カードはAmazon Mastercardのように、スマートフォンアプリでの管理が非常に容易です。

アプリを利用すれば、いつでもどこでもリアルタイムでの利用状況確認やポイントの管理が可能です。

4. LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payクレジットカード-20230908

カード名 LINE Pay
年会費 無料
ポイント還元率 1.0~5.0%
国際ブランド VISA
限度額 100万円
特徴 スマホでコード決済が出来る

第一に挙げられるメリットは、LINE Payアプリを通じて簡単に支払いを管理できる点です。

コード決済に対応しているため、支払いが非常に簡単です。

また、特にコード決済において、比較的高いLINEポイントが付与されます。

LINEポイントはLINEサービスにおいて使っている方も多いのではないでしょうか。

LINEユーザーには非常に嬉しいポイントだと思います。

5. 三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)-20230526

カード名 三井住友カード(NL)
年会費 無料
ポイント還元率 0.5~7.0%
国際ブランド VISA
限度額 100万円
特徴 コンビニなどで最大7.0%還元

 

三井住友カード(NL)は、カード番号が書かれていないクレジットカードとして代表的なものですよね。

それにより、番号を盗まれる心配がなくなります

また、セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなど、店舗は限定的ですが多くの方が利用するであろう場面において、なんと最大7%還元という圧倒的なポイント還元があります。

SMBCダイレクトを使えばスマートフォンでの管理が非常に便利です。

6. イオンカード セレクト

イオンカードセレクト-20230908

カード名 イオンカード SELECT
年会費 無料
ポイント還元率 1.0~3.0%
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
限度額 200万円
特徴 キャッシュカードと一体で楽

イオンカードSELECTは、イオングループを筆頭に、多いのショッピングモールやスーパーでお得な買い物が出来るカードです。さらに、毎月の20日と30日にはポイントが最大5倍となる“お客さま感謝デー”が設定されているため、これらの日に購入をまとめることで大幅なポイントアップを図れます。

さらにイオンカードSELECTは、キャッシュカードと一体になっており、お金の管理が非常にしやすいこともおすすめポイントとなっています。

7. JALカード

スターバックスがJALカード特約店になりましたよー!

カード名  JALカード
年会費 6,600円
ポイント還元率  0.5~1.0%
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
限度額 200万円
特徴 海外でノマド生活するなら飛行機がお得

突然ですが、物販と聞いてどのような仕事スタイルを思い浮かべべますか?

物販は時間と場所に縛られない働き方として有名ですが、ならば海外旅行しながら…とかもできますよね。

利用される方は限定的にはなってしまいますが、もしノマド生活に興味があり、海外を旅してみたいなら、JALカードがおすすめです。

JALカードは日本航空と連携しており、カード利用によって航空マイルが貯まる最大のメリットがあります。

具体的には、日常のショッピングや物販ビジネスでの支出により、JALマイレージバンクのマイルが貯まります。このマイルは、JALでのフライトに利用可能です。

特に飛行機の利用において非常にお得です。

8. 住信SBIネット銀行デビット(VISA)

住信SBIネット銀行デビット-20230908

カード名 住信SBIネット銀行デビット(VISA)
年会費 無料
ポイント還元率 0.6%
国際ブランド VISA
限度額 1000万円
特徴 還元率トップクラス・海外での利用に最適

住信SBIネット銀行デビット(VISA)は、デビットカードの一種です。

デビットカードは通常のクレジットカードと比較して利用する障壁が低く、特に物販を始めたてでお金の管理が大変な方にはおすすめです。

利用金額が残高を上回ることはないので、使いすぎるのではないかという無駄な心配も必要ありません

また、国際ブランドがVISAということで、特にノマドワーク中に海外で物販を行う際は、非常に取り扱い店舗が多いこともメリットです。

9. SMBCデビット

SMBCデビット-20230908

カード名 SMBCデビット
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
限度額 100万円
特徴 デビットカードの中で還元率トップクラス

SMBCデビットも、デビットカードの一種です。こちらのに関しても、付与されるポイントはデビットカードの中ではトップクラスです。

また、大手の三井住友カードということで、セキュリティ対策やスマホでの管理のしやすさの点で安心感があります。

住信SBIネット銀行デビット(VISA)と同様に、海外での利用にも最適です。

10. UCSカード

UCSカード-20230908

カード名 UCSカード
年会費 3,300円(初年度無料)
ポイント還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
限度額 100万円
特徴 ポイン貯モールでポイント付与率UP

アピタやピアゴなど、特に東海地方の方に馴染み深い店舗において、非常に大きな特典が得られます。

年会費もそこまで高くなく、ポイント還元率も比較的あり、国際ブランドにも対応しておりので、持っていて使いにくいということは無いと思います。

おすすめの国際ブランド

クレジットカードには、VISAやMastercard、JCBなどの様々な国際ブランドがあります。

例えばPayPayカードや楽天カードのように、同じカードの中でもどのブランドにするか選べるものもあります。

それでは、物販にはどの国際ブランドがおすすめなのでしょうか。ランキングを見ていきましょう。

ブランド別使用率ランキング

こちらは、普段メインで利用しているクレジットカードの国際ブランドのランキングとなります。

VISA 50%
JCB 28%
Mastercard 18%

VISAがトップ、その次にJCB、Mastercardの順となります。

第1位. VISA

VISAは世界シェアトップを誇る国際ブランドであり、ほとんどのクレジットカード加盟店においてVISAを利用できます。

当然日本国内でもトップクラスのシェアを持ち、ほとんどすべてのクレジットカードにおいてVISAブランドを発行することができます。

海外で利用できる加盟店の多さゆえに、「これさえ持っていれば何とかなる」と言えるようなクレジットカードブランドです。

特に、物販の場合は、自分が使っているクレジットカードを使える店で購入をするのが最適なので、加盟店の多さが武器のVISAが最適であると考えられます。

第2位. JCB

JCBは日本発祥の国際ブランドで、主に日本国内で使われているブランドです。日本国内で見ると、加盟店数はトップクラスを誇ります。

また、日本国内でのサービスや特典が非常に豊富な点もおすすめポイントです。

コンビニなどの身近な店舗でポイント還元などのサービスが多いので、国内でお得に使いたい場合はJCBカードが最適です。

一方で、海外では使用することは基本的にはできないので注意しましょう。

第3位. Mastercard

MastercardはVISAについで世界で2番目のシェアを誇るクレジットカードブランドです。加盟店の数においてはVISAに匹敵するほど多いので、世界で見るとMastercardを持っていて困るということは無いでしょう。

また、ヨーロッパ地方においてはVISAよりもMastercardの方が主流となってきます。ヨーロッパ方面へ旅行する方はMastercardを持っておくと便利です。

日本においても、今や多くのサービスが海外と関わっており、日本だけで完結するものは減ってきているので、Mastercardは多くの店舗やサービスで利用可能となっています。

物販において適切なクレジットカードを選ぶ理由

ここまでクレジットカードの解説をしてきて、疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

「物販とクレジットカードと何の関係があるのか」と。

しかし、物販をする場合と通常の買い物をする場合とでは、クレジットカードに対する考え方が大きく異なります。

物販をする場合は、改めて物販に適したクレジットカードを選ぶ必要があります。

では、物販は普通とは何が違うのか。最大の違いは、物を売って収入を得るためには、まず元となるものを購入する必要があるということです。

物販は経費の管理が大変

多くの副業に言えることですが、お金を稼ぐためにはまず初期コストがかかります。

物販の場合だと、

  • 元となるものを購入する
  • 物販の勉強のためにお金を使う
  • 自分の商品をよく魅せるために、サムネイルなどを外注する

など、細かい場面でもお金を使う場面があるかもしれないです。

それでは、これらのコストはどのように取り扱えば良いのでしょうか。

実は、確定申告が必要となる方の場合だと、事業経費から源泉徴収された分を申請して戻してもらうケースがあり、そのときに領収書などが必要となります。

したがって、経費とそれ以外の出費を区別し、しっかりと管理する必要が出てきます。

しっかりと物販で稼ぐ方ですと、確定申告が必要になってくる可能性は高いので、考慮しておきましょう。

特に物販ではものを購入する機会も多いので、管理が大変です。いちいち紙の領収書を取っておくのは大変ですよね。

その点、オンラインで履歴を確認しやすいクレジットカードが非常に便利となってきます。

今やキャッシュレス決済が主流

キャッシュレス決済は現代のビジネスにおいて、効率、安全性、便利さを提供するため、必要不可欠な手段となっています。

物販などの副業においてはその傾向が特に顕著です。

オフライン、オンライン問わず様々なところから仕入れが必要となる物販においては、いずれの場面でも利用可能なクレジットカードを持っていることが、スムーズな決済や履歴の管理において重要です。

現金だけだと、Amazonなどのネットショッピングサービスを利用できない、あるいは利用するのに手間がかかりますよね。

店舗での仕入れは現金、ネットショッピングで仕入れたものはAmazonギフト券やコンビニ払い… 管理するのが大変そうですね。

キャッシュレス決済の手段として、クレジットカードを利用することが非常に重要です。

初期コストの削減

物販は、収入を得る前に初期コストがかかります。

つまり、一度お金が減り、その後それを上回る量のお金を得て、その差額が収益になるというモデルです。

初期コストが手持ちの金額よりも高いと、物販を始めることができないし、始めたとしても途中で行き詰まってしまいます。

いかに初期コストを下げるかが大切となってきます。

初期コストを下げることができれば、より多くのものを仕入れたり、より多くの勉強に回したりすることができ、収益の増加にも繋がります

ここで、クレジットカードにかかる初期コストをどのように下げるかを考える必要があります。

クレジットカードには年会費や手数料がかかるケースが多いですが、特に年会費に関しては、適切なクレジットカードを選択すれば無料や低価格にできます。

物販をする方に最適なクレジットカードの選び方

1. 年会費が安い

低年会費または年会費無料のカードを選ぶことで初期コストを抑えましょう

物販は初期コストが高くなりがちなので、非常に重要です。

2. ポイント還元率が高い

物販に必要な購入で高いポイント還元率を提供するカードを探しましょう。

クレジットカードを利用する最大のメリットの一つがポイント還元です。

利用した金額に応じてポイントが貯まるカードや、特定のショップで増加するポイントを提供するカードなど、各カードのポイント還元率を比較して適したカードを選びましょう。

3. スマートフォンで管理しやすい

物販では購入や販売の機会が多く履歴が複雑になりやすいので、スマホで簡単に管理できるクレジットカードを選びましょう。

4. 海外取引への対応

物販の特徴の一つで見落としがちなものに、海外と取引する可能性もあるということです。

普通の買い物をする際はあまり意識しないですが、海外とのやり取りには高額な手数料がかかることが多いです。

物販で海外の取引を行う場合は、海外取引手数料が低いカードを選びましょう。

5. お得な特典がある

カード会社が提供する加盟店向けのサポートや割引サービスを利用できるか確認しましょう。

6. 支払い猶予が長い

物販を通して得られる収入は、基本的には不安定です。

会社員は決まった給与が決まった日に振り込まれますが、物販は売上状況によって収益が変わってきます。

特に、仕入れでお金を使っても、それがいつ回収できるかは不明な状況です。

もし得られたはずの収益が得られずにお金が返せない…となったら大変です。

支払い猶予期間が長いカードを選び、キャッシュフローをスムーズにしましょう。

7. 利用限度額が高い

物販は、得られる収入に対して、仕入れの費用が高いです。

例えば、利益率が20%だとすると、20万円の利益を得るためには80万円の仕入れをする必要があります。

200万円の利益を得るためには800万円の仕入れをする必要があります。

このように、仕入れできる額が大きけれな大きいほど利益も大きくなるので、高い利用限度額のカードを選んでおきましょう。

8. 保証がしっかりしている

カードに付帯する保険サービスを利用して、ビジネスリスクを軽減しましょう。

多くのクレジットカードには、旅行保険や購入商品保険などの保険が付帯されています。

保険の内容や補償額を比較して、あなた自身のライフスタイルに適したカードを選びましょう。

PayPayカードを選ぶメリット

数あるクレジットカードの中で、物販を行う方にぜひおすすめしたいのが、PayPayカードです。

PayPayカードを選ぶメリットを、以下の3点から解説していきます。

1. 使える店舗数が多い

PayPayカードは日本国内で使える店舗数が非常に多いです。

多くの購入履歴をPayPayカードに集約できるという点で、物販を行う方には管理のしやすさの観点で特におすすめのカードです。

2. お得に利用できる

PayPayカードは、年会費無料で使うことができ、物販において非常に重要な初期コストの低減に大きく貢献します。

また、ポイント還元率は1%以上のため非常に安定してポイントを貯めることができ、Yahoo! ショッピングやLOHACO、ファミリーマートなど、さらにお得に使える場面もあります。

使うカードをPayPayカードに集約すれば、使う額も大きくなり、それだけ還元される金額も大きくなります。

物販では取引する金額が大きくなることが大きいので、特におすすめです。

3. スマホで簡単に管理ができる

物販を行う方の中には、購入履歴や収益の履歴を確定申告で使うケースになる方が多いと思うので、その管理は非常に重要です。

物販は取引の必要頻度が多く、履歴が複雑になりやすいので、管理しやすいシステムを使うメリットは非常に大きいです。

PayPayはスマホで簡単に管理ができるので、非常におすすめです。

審査に通るためには~PayPayの場合~

クレジットカードを発行するには、審査を通過する必要があります。

実際にどのように審査を通過すれば良いのかをPayPayを例にとって見ていきましょう。

審査の基準は秘密となっていますが、多くのクレジットカードでは、安定した収入の証明、信用情報などが重要視されるといわれています。PayPayもそのうちの一つです。

PayPayは、比較的審査がやさしいことで知られているので、あまり難しく考えずにぜひ申し込んでみましょう。

物販の場合、もともと会社員だった方も、フリーランスだった方もいらっしゃると思います。

会社員だった場合、安定した収入があるケースが多いので、審査には有利に働きます。

フリーランスの場合は、人によって収入に大きな差が出てくると思います。特に収入が多い方は審査には大きく有利に働くので、必要事項にきちんと書いておきましょう。

1. PayPayカード公式サイトから申し込みフォームへ

PayPayカードに申し込む方法は、2通りあります。

  • PayPayアプリから申し込み
  • ウェブサイトから申し込み

ウェブサイトで申し込むと、新規入会特典としてPayPayポイントが得られます。アプリから申し込んだ際は得られないので、ウェブサイトから申し込むことをおすすめします。

2. 必要事項を記入

お名前・ご住所・勤務先などの必要情報を入力し、金融機関口座情報などを登録してください。

3. 数分で審査完了メールが届く

最短7分(申込5分、審査2分)で手続きが完了します。

4. カードを受け取る

カードは1週間程度で登録のご自宅住所宛へ送付されます。

審査に通るコツを詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

審査なしのクレジットカードってあるの?おすすめのクレカ5枚も紹介

他のクレジットカードについても、同じような審査基準やプロセスを経由することがほとんどです。

ぜひ参考にしてみましょう。

【その他】物販を始めるなら注意しておきたいポイント

物販を始めたての初心者が陥りやすい注意点は以下の通りです。

市場リサーチ

物販は、一見すると非常に簡単な仕事に見えます。なんとなく需要がありそうなものを出せば売れるように見えるからです。

確かに、売れるときは売れるし、直感が当たることもあります。

しかし、高確率で目標の商品を売ったり、収入をスケールさせたりするためには、市場調査が不可欠です。

初心者は適切な市場調査を怠りがちです。競合他社の分析やターゲット顧客のニーズを理解することが重要です。

これを怠ると、商品が売れ残ってしまう可能性があります。

在庫の量

初期段階で大量の商品を仕入れしておくことはリスクが高いです。

需要を過大評価して商品を仕入れると、いざ売れなかった際に赤字になるケースがあります。

在庫は常に収支と相談しましょう。クレジットカードでしっかりと管理するといいです。

価格設定

適正な価格設定は物販の成功にとって非常に重要です。

安すぎる価格設定は、商品に対する不安感を与えたり、大量に占いと利益がほとんど出なかったりします。

高すぎてしまうと、購入されなくなってしまいます。

まずはその商品にどれくらいの価値があるのかを判断しましょう。競合の価格設定を参考にするといいでしょう。

クレジットカードを活用し、仕入れ額と売る額をしっかりと記録しておきましょう。どの価格のときに一番利益が大きくなるのかがわかるはずです。

効果的なプロモーション不足

マーケティングやプロモーションは非常に重要です。

特に、物販の場合は、商品が良いか悪いかを写真や説明文を読んで一瞬で判断されます。

その際に、細かな文章表現や写真の撮り方の技術、サムネイルの細かなデザインなど、魅せ方によって売れるか売れないかが大きく変わってきます。

初心者はマーケティングやプロモーション活動を軽視しがちなので、注意が必要です。

そのような勉強にはお金がかかることがあります。フリーランスの場合は、勉強に使った費用も申告することができるケースがあるので、必要経費を一つのクレジットカードの履歴にまとめるといいでしょう。

顧客からの評価

物販のように個人で事業を行う場合、顧客からの評価は非常に重要となってきます。

物販で収益を上げるためには、数ある商品の中から自分のものを選んでもらう必要があります。

その際に特に口コミ評価が重要視されてきます。

一度でも悪い評価をつけられてしまうと、それだけで購入数が激減することに繋がります。

常に顧客満足度が高くなるような売り方を考え、高評価に繋げていくことが大切です。

【まとめ】物販を始めるならPayPayカードがおすすめ

物販を始める方は、PayPayカードをクレジットカードとして持つことをおすすめします。

PayPayカードは、

  • 使える店舗数が多い
  • お得に利用できる
  • スマホで簡単に管理ができる

といった点で物販に非常に適したカードとなっています。

また、以上のポイントは物販に限らず日常の買い物においても、非常におすすめなポイントとなっています。

ぜひ参考にしてみましょう。

-クレジットカード

© 2024 Money Education